ここから本文です

リドリー・スコット、『エイリアン: コヴェナント』の続編を14カ月以内に撮影へ

5/11(木) 19:40配信

MEN’S+

 これまで多くのSF作品などを手がけてきた、巨匠リドリー・スコット。
 
 彼の代表作である「エイリアン」シリーズの最新作が2017年9月に日本で公開されます。ですが、どうやらその続編の撮影がすぐ開始するようです。

リドリー・スコット

 今週末から海外で公開が始まる『エイリアン: コヴェナント』の続編が、1年2カ月以内に撮影されることがリドリー・スコット監督によって明らかにされました。 
 
 1979年の大ヒット作『エイリアン』の前日譚(ぜんじんたつ=いわゆるエピソード0)として、2012年作『プロメテウス』から手掛けているスコット監督。日本でも、2017年9月15日(金)から公開が予定されている最新作『エイリアン: コヴェナント』。その続編に、早くも脚本ができ上がり次第、すぐに取り掛かる意向を示したのでした。
 
 「IGN」とのインタビューで、スコット監督は「今は続編の脚本を書いているところなんだ。14カ月以内には撮影を始めるよ」と話しました。
 
 シリーズ最新作の『エイリアン: コヴェナント』では、植民地を探す宇宙船コヴェナント号の乗組員たちが前人未到の楽園を見つけるものの、攻撃してくる恐ろしいエイリアンと命を懸けて戦うことになる姿が描かれています。 
 
 この劇中では、これまでのシリーズで謎に包まれていたことの解答につながる点が多く含まれているものの、スコット監督は「すべてについて解明されているわけではない」、と語っています。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:5/11(木) 19:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!