ここから本文です

ありがちな難アリ眉を、流行の立体眉にできるQ&A

5/11(木) 19:00配信

集英社ハピプラニュース

個々の悩みがあるのが眉メイク。エクラ世代の眉毛を、最旬の立体眉にするために。日ごろのちょっとしたお悩みをヘア&メイクアップアーティストの尾花ケイコさんに聞き、ここで解消しよう!

流行の立体眉にできるQ&Aをもっとチェック

■長持ちする立体眉、どうつくる?
眉メイク前後のひと手間が大事。綿棒と便利アイテムに頼って

「鏡を見て眉が消えていると、すごくがっかりしますよね。今の眉コスメは、汗・皮脂・こすれに強いものが多いので、まずは最新のものを使って。それでもいつのまにか落ちるならスキンケアの油分が残った状態でメイクしているからかも。綿棒でしっかりぬぐってからメイクすると長持ちしますよ」(尾花さん)。眉メイクを始める前に、綿棒で眉や地肌についたスキンケアの油分をぬぐっておくとよい。毛流れに逆らうようにもふくと、まんべんなくぬぐえる。

eclat6月号掲載 撮影/玉置順子(t.cube/モデル) 久々江満(物) ヘア&メイク/尾花ケイコ スタイリスト/日置 彩 モデル/樹神 相原悠希(エクラ ビューティ) 構成・文/小田ユイコ