ここから本文です

マラドーナ、出場停止処分解除のメッシを擁護 「彼は選手というよりテディベアのような存在」

5/11(木) 13:35配信

Football ZONE web

かつて監督と選手としての関係を築いたマラドーナ氏が、独特の表現でメッシに言及

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選で審判を侮辱したとして4試合出場停止処分が下ったものの、アルゼンチンサッカー協会の申し立てによってFIFA(国際サッカー連盟)の下した処分が取り消しとなった。これについて母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏は地元ラジオ局で「メッシはテディベアのような存在だ」と発言している。

「マラドーナ2世」の重圧を背負ったアルゼンチンの天才10人 英メディアがその成功度を採点

 メッシは3月のW杯予選チリ戦で副審に対して侮辱的な発言をしたとされ、4試合の出場停止と1万フラン(約110万円)の罰金が処された。しかしAFA(アルゼンチンサッカー協会)はこの処分が重すぎるとしてFIFAに訴えると、この処分がないものとなった。

 あっさりとした前言撤回となったが、「ラジオ・ラ・レッド」に出演したマラドーナ氏は「メッシの出場停止処分を減らすことを実現したすべての人々を祝福すべきだ。メッシ、そしてアルゼンチンのことを思っても、私は今回の決定について満足している。我々はW杯について、再び夢を見ることができるからね」と擁護し、現在プレーオフ圏の5位に沈む母国を救う役割を期待している。

 そして、かつて南アフリカW杯で指導者と選手としての関係を築いたマラドーナ氏は、メッシの人となりについて独特の表現でこう話している。

“ぬいぐるみ”のようなメッシ

「メッシは誰を侮辱するというのだろうか? 私は彼を1年間(監督として)マネージメントした経験があるが、彼はフットボールの選手というよりも、テディベアのような存在なのだから」

 まるで“ぬいぐるみ”のような愛らしい存在だったとマラドーナ氏は表現したかったのだろう。今回の処分取り消しは当然という立場に立つマラドーナ氏の思いに、メッシは決定的なプレーで応えることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/11(木) 13:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新