ここから本文です

フランス代表監督が18歳神童のビッグクラブ移籍に警鐘 「さらなる成長のために留まるべき」

5/11(木) 18:08配信

Football ZONE web

今夏の移籍市場の目玉とされるムバッペにデシャン監督が助言

 モナコの18歳新鋭FWキリアン・ムバッペは、今季のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝でユベントスに敗れて敗退したが、センセーショナルな活躍で話題をさらった。そのムバッペには早くもイングランド・プレミアリーグの強豪が獲得に乗り出していると報じられるが、フランス代表のディディエ・デシャン監督が警鐘を鳴らしている。フランス紙「レキップ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、すでにマンチェスターの両雄、ユナイテッドとシティが高額な移籍金を用意して獲得の準備を進めていると報じている。そうした流れに、デシャン監督は不安を隠せないようだ。

「確かにキリアンは年齢に関係なく成熟した面を見せる選手だ。しかし、私の経験から、彼はさらなる成長のためにモナコに留まるべきだと言いたい」

 多大なプレッシャーが懸かるビッグクラブでプレーするには、時期尚早ではないかとの懸念を語っている。さらにムバッペのことを、かつてフランス代表のエースとして活躍したティエリ・アンリ氏に例えて語っている。

アンリ氏は21歳までモナコでプレー

「ティティ(アンリの愛称)と同じようなキャリアを歩むことを望みたい」

 アンリ氏は21歳までモナコでプレーし、その間に地元開催の1998年フランス・ワールドカップに出場している。その後、半年間ユベントスに所属した後にアーセナルへと渡り、絶対的なエースとして活躍。その後はバルセロナに渡った。ムバッペにも、今後数年間はモナコの落ち着いた環境の中でプレーすべきだと説いている。

 すでに来季に向けた移籍市場の目玉とされつつあるムバッペだが、その若さに関係なくフランス代表デビューのチャンスも与えたデシャン監督は、プレッシャーをかけずに順調な成長を遂げられるよう願っているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/11(木) 18:08
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新