ここから本文です

サウサンプトン吉田、アーセナル戦2失点関与で低評価 英メディアは対応ミスを指摘

5/11(木) 19:13配信

Football ZONE web

本拠地で0-2と完敗 後半に訪れた“魔の瞬間”

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、10日の本拠地アーセナル戦で先発フル出場を果たした。後半15分に相手のチリ代表FWアレクシス・サンチェスの鋭い切り返しでかわされ先制点を献上すると、後半38分にはフランス代表FWオリビエ・ジルーが決めた追加点のシーンで、ボールウォッチャーになるなど、地元紙の評価も低かった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 堅実なプレーで評価を高めてきた吉田に、“魔の瞬間”が訪れた。後半15分、アーセナル司令塔のMFメスト・エジルからサンチェスに縦パスが入る。反転してゴールに向かったサンチェスが右足でシュートモーションに入ると、対峙した吉田はDFジャック・スティーブンスとともにスライディングでブロックを仕掛けたが、鋭い切り返しに空転。シュートコースを完全に開けてしまった。吉田はなんとか戻ろうとしたが、立ち上がれず。フリーになったサンチェスは、左足で先制点を叩き込んだ。地元紙「デイリー・メール」は、この先制点のシーンを問題視している。

「サンチェスはパスを受けターンすると、シュート体勢に入った。右足から左足に切り返し、吉田麻也とジャック・スティーブンスのセンターバックを自陣でスライディングさせた」「サンチェスが右足でのシュートフェイクでサウサンプトンのセンターバック陣を転がした」と、対応ミスを指摘している。

「ジルーのヘディング弾を見守るしかなかった」

 さらに後半38分には、サンチェスのクロスをMFアーロン・ラムジーがヘディングで中央に折り返すと、吉田は完全なボールウォッチャーとなってジルーを見失い、簡単にヘディングでシュートを決められた。失点後、吉田は悔しさを露わにした

「フォスターと吉田麻也はジルーのヘディング弾を見守るしかなかった」と一刀両断。評価は6点と平均的だったが、厳しい言葉が並んだ。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」では5点の低評価。前半猛攻を仕掛けたチームに、勝利をもたらすことはできなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/11(木) 19:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新