ここから本文です

FC東京の豪州代表バーンズ、母国復帰か。古巣が興味と地元紙報道、今季J1出場ゼロ

5/11(木) 17:06配信

フットボールチャンネル

 FC東京のオーストラリア代表FWネイサン・バーンズに、母国のニューカッスル・ジェッツが関心を示しているようだ。地元紙『ニューカッスル・ヘラルド』が報じている。

J1歴代出場数ランキング 1位は日本の絶対的守護神

 バーンズは2013年7月から半年間ニューカッスル・ジェッツに所属し、12試合で2得点を記録している。

 オーストラリア・Aリーグはすでにシーズンが終了しており、来季に向けてアーニー・メリック新監督を招聘。同監督は新シーズンの戦力として何人かの選手をリストアップしているという。

 元セレッソ大阪のミッチ・ニコルズ(ウェスタンシドニー・ワンダラーズ)や元ジェフ千葉のマーク・ミリガン(バニヤス/UAE)ら複数のオーストラリア代表選手の中に、バーンズの名前も挙がっているようだ。

 今季のFC東京はピーター・ウタカや大久保嘉人といった攻撃陣が加入。その中でバーンズはいまだJ1で1試合も出場できておらず、J3でのU-23チームで2試合出場したのみである。

 ワールドカップ出場を目指すオーストラリア代表でも当落線上にいるバーンズだが、果たして母国復帰はあるのだろうか。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)