ここから本文です

ルーキーとは思えぬ存在感! ルヴァン杯首位・仙台の“クロッサー”永戸勝也のこだわり

5/11(木) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

土壇場での貴重な同点弾につながるクロスを供給。

[ルヴァン杯グループステージ5節]仙台 1-1 柏/5月10日/ユアスタ

 YBCルヴァンカップもグループステージの後半戦に差し掛かった。現在Aグループ首位を走る仙台は10日に柏と対戦。13分柏のディエゴ・オリヴェイラに左サイドを突破され、最後はゴール前に詰めていたドゥドゥに右足でシュートを決められ先制を許すと、その後なかなかゴールを奪い返せない苦しい展開を強いられた。敗戦ムードも漂ったが、これまでルヴァンカップではMF佐々木匠、MF椎橋慧也、FW西村拓真と、20歳前後の若手が活躍してきた仙台。チームを救ったのはまたも若手だった。
 
 アディショナルタイムに入り、試合終了間際の90+4分、左ウイングバックで途中出場し、法政大から今季新加入の大卒ルーキーDF、永戸勝也が放ったクロスボールは西村の下へ。その西村のシュートのこぼれ球を拾ったFWクリスランが豪快に左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
 
 結局、土壇場で仙台が追いつき、1-1で試合終了。貴重な勝点1を得て、Aグループ首位を守った。この試合に勝たなければグループステージ突破が難しくなる柏としては痛い引き分けで、柏の下平隆宏監督は「負けに等しい引き分け」と肩を落とした。
 
 J1リーグでも開幕戦から先発出場を果たした永戸はすでにA契約も締結し、左ウイングバックのレギュラーの座を掴んでいる。7日に行なわれたリーグ10節のFC東京戦は敗れたものの、左サイドから再三良いクロスを上げていた。
 
「永戸やキン(菅井直樹)が前進できましたが、クロスへの入り方が整理できていませんでした」と渡邉晋監督はハーフタイムにクロスへの入り方を整理すると、永戸のクロスから決定機が生まれ、試合終了間際には永戸のクロスからFW石原直樹のヘディングシュートであわやという場面もあった。
 
「4バックのチーム相手だと自分の所が空くのはチームとしても確認できているので、ボランチやシャドーの選手も自分を見てくれています」と永戸が語る通り、チームとしても4バックの相手には永戸のクロスを活用しようという狙いが共通理解として浸透している。
 

【PHOTO】仙台の美女チアリーダー『ベガルタチアリーダーズ』①

1/2ページ

最終更新:5/11(木) 11:30
SOCCER DIGEST Web