ここから本文です

「通園グッズに名前つけなきゃ」「子どもに手作りのランチボックスを作ってあげたい」…裁縫が苦手な人も、得意な人も必見! 裁縫の本で一番売れている10年のロングセラー本

5/11(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 2006年に刊行された後、毎年重版を重ね、累計12刷84500部を売り上げた『さいほうの基本』が、商品情報を一新して、装い新たに『ゼロから始める 新版さいほうの基本』(レタスクラブムック)として2017年2月に発売されました。

 何と今回は電子版も同時に発売され、付録の実物大型紙は、ウエブサイトからPDFでダウンロードしプリントして使うという画期的な方法が採用されています。

・ボタンが取れた!
・スカートのすそがほつれてしまった!
・ウエストのゴムが伸びてしまった……。
・通園通学グッズに名前をつけなきゃ!
・子どもに手作りのバックやお弁当袋を作ってあげたい。
etc…

 普段、さいほうをしない人でも、必ず必要に迫られる日が訪れます。そんなときに役立つのがこの本です。初めての人はもちろん、さいほうが得意な人にも目からウロコのコツや技を、カラー写真付きでわかりやすく説明しています。

 1章の「基礎からわかる手縫いのおさらい」では、針やはさみの持ち方、糸の通し方、基本の縫い方はもちろん、仕上がりを美しくするための縫い始めの玉結び&縫い終わりの玉留めのかくし方、途中で糸が足りなくなったときの糸の継ぎ足し方、糸が短くなりすぎて玉留めができないときの処理の仕方など、誰も教えてくれない&どこにも載っていない「基本の中の基本」をていねいに紹介しています。

 2章の「自分でできるちょこっと繕い」では、ボタンやスナップのつけ方を始め、スカートのすそがほつれたとき、スリットが破けてしまったとき、ウエストをゆるくしたいとき、パンツのすそ上げをしたいとき、お気に入りの洋服に穴があいてしまったときなど、毎日の生活の中での「困った!」を解決するためのさいほうの基本を紹介しています。
そんなわかりやすくていねいな内容が口コミで評判となって、全国の小中学校の授業で使ってくださっている学校があるほどなんです。

 その上、3章の「手縫いでチクチク 1Day小物」、4章の「ゼロから始めるミシン縫いレッスン」では、「作ってみたい」「これなら、できそう」と思える、簡単でかわいいバックなどの布小物、テディベアなどのぬいぐるみ、直線縫いですぐにできるスカートやブラウスなどの洋服の作り方も、型紙付きで紹介しています。

1/2ページ