ここから本文です

サーキットデビューにピッタリ!何から何まで教えてくれる「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」に行ってみた!(後編)

5/11(木) 19:33配信

clicccar

サーキット入門の手助けをしてくれるイベント「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」。今回もビギナークラスのレポートとフリー走行クラスのレポートをお届けします!



ビギナークラスに参加したコバヤシは今回が初のサーキットデビューでしたが、講師の方が教えてくれたおかげもあって、かなり気楽に楽しめた様子。

走行を重ねるごとにレベルアップしていくのが傍から見ててもよくわかって、ラインを意識してみたり、少し深く倒してみたり。



走行が終わったら講師の人に相談し、次の走行に生かして自分のペースで自分なりのレベルアップができていました。



今回はビギナークラスとは別に、自分もフリー走行クラスにもエントリーしました。

フリー走行クラスはサーキットが経験あり、ビギナークラスよりもちょっとレベルの高いクラス。
もちろんこっちにも講師の方がいて、様々なスキルを教えてくれます。



ビギナークラスで自信がついたらフリー走行クラスへレベルアップできるということ。

と言っても急にものすごくハイレベルな技術が求められるわけではなく、それぞれのペースで自由に走れるので中級者におすすめ。



うまくできなかった部分は聞けば教えてもらえるし、このイベントならではのサーキット走行が楽しめました!



今回驚いたのがレディースクラスの多さ。年齢層も比較的若く、一人で参加の方もチラホラいました。

レディースクラスの講師も女性が担当しているので、フレンドリーな感じでサーキットを楽しんでいました。



「次はフリー走行クラス行ってみようかな~」と、コバヤシから素の言葉。これって一人でサーキットに行ってひたすら走り込むだけではここまでレベルアップできないと思います。

タイヤの性能を100%引き出して自分の限界を知れるサーキットはバイクに乗る上で絶対しておいたほうがいい経験。公道とは違って安全を確保された場所だからできるバイクの楽しみ方を満喫できました!



コバヤシのCBR600RRに履いていたのが「ブリジストン・BATTLAX HYPERSPORT S21」。接地感も掴みやすく、初のサーキット走行にもピッタリのタイヤでした。



ストリートとサーキット両方で心地よく使えるタイヤで、サーキット初心者のコバヤシもあまりの乗り心地の良さにビックリしていました。

性能を発揮していたのはサーキットだけでなく帰り道でも相当楽しめたようで、バイクが変わったみたいだ!とタイヤの良さを身にしみて実感していたコバヤシでした。



こちらは僕の乗っていたCB250Fに履いていたタイヤ。「ブリジストン・BATTLAX RACING STREET RS10」

スポーツ走行を重視したタイヤで中級者~上級者向け。S21でタイヤの使い方を覚えたらRS10にレベルアップ、と言った立ち位置です。



自分でバイクをバンクさせるきっかけ作りができれば、これ以上乗りやすいタイヤはそうそう無いはず。

フルバンクしていてもタイヤがしっかりグリップしている感覚が掴みやすく、下手にサスペンションやエンジンやチューニングするくらいならこれ履いたほうがずっといいと思ってしまったくらい。

徐々にタイヤを潰して~…という乗り方が嫌いな僕は突っ込みでズバッと思いっきり倒すのですがこのイベントでは一度も滑らず、逆に怖ささえありました。

乗りやすいのに、限界値がめちゃくちゃ高い、素晴らしいタイヤでした!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

最終更新:5/11(木) 19:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)