ここから本文です

ホステル史上最高レベルの寝心地! 浅草に開業した噂の宿のベッドとは CREA 2017年6月号

5/11(木) 12:01配信

CREA WEB

 都内に急増中のホステルのなかでデザイン的に気になる3軒を、フルサイズイメージ代表の川田修さんに伺いました。

都会的で洗練されたスキのないデザインがすごい

[浅草]
◆WIRED HOTEL ASAKUSA
(ワイアード ホテル アサクサ)

 すべての客室にスウェーデン「DUXIANA」の高級ベッドを使用。ドミトリーのマットレスも同ブランドに特注したもので、最高の寝心地が味わえる。

 客室のデザインがそれぞれ違っていたり、浅草界隈を拠点に活動するアーティストの作品が随所に飾られているなど、こだわり抜かれたインテリアが特別な気分にさせてくれる。

「ドミトリー付きでホステルとしても使えるのが、今春オープンした『ワイアード ホテル』。館内のグラフィックやサインも含め、都会的で洗練されたスキのないデザインがすごい。消防設備に記された『消防栓』のフォントにまでこだわっていて驚きました。ラグジュアリーな雰囲気で、贅沢な気分を味わえるホステルです」(川田さん)

WIRED HOTEL ASAKUSA
(ワイアード ホテル アサクサ)
所在地 東京都台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部内
電話番号 03-5830-7931
料金 1泊 5,184円(税込)~
http://wiredhotel.com/

●今回、お話を伺ったのは……

川田 修(かわた おさむ)さん
フルサイズイメージ代表。大学卒業後、WEB制作会社に入社。2002年に独立し、デザイン事務所「フルサイズイメージ」を設立。2015年に書店「BOOK AND SONS」を学芸大学にオープン。

Hiroya Ishikawa

最終更新:5/11(木) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年9月号
8月7日発売

定価780円(税込)

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

岡村靖幸×ほしよりこ
高橋一生「ひとり、静かな生活」

ほか