ここから本文です

石原慎太郎×亀井静香「YESと言わせる日本」提言

5/12(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の予測不能なやり合いを見ていると、これまでの国際政治の常識が通じなくなっているのではないか。こんな規格外の時代には、規格外の発想で対応するしかない。日本の現状を憂えた石原慎太郎氏(84)と亀井静香氏(80)、2人の“不良老人”が、大胆提言でこの国の進むべき新たな道を示した。

亀井:私が危惧しているのは、このままでいけば、日本列島の所有権は中国で、日本は借りてる形になるよ。北海道なんて見てみなさいよ。どんどこどんどこ、中国は土地を買ってますよ。本州でも買ってる。日本は中国から土地を借りて生活することになっちゃうんだよ。規制しなきゃ駄目だね。法律では規制できないと言う人がいるが、そんなことはない。日本の国内法で対応できることなの。

石原:だったら、やってくれよ。あなたは現職(の国会議員)なんだから。

亀井:それは私一人でできるわけがないんだから。

石原:総理大臣に影響力を持ってるじゃない。

亀井:確かに、やらないといかんことなんですね、中国は文句を言えないから。だって、日本は中国で土地を所有することはできない。

石原:そうだよな。

亀井:日本は買えないのに、中国だけが一方的に買えるという状況になってしまっている。このままでは土地も水も全部占拠される可能性があるよ、中国に。

石原:ただ、中国はそのうち自壊しますよ。中国の若者たちは中産階級になろうとして、田舎から都会に出て行くんだけど、まったく報われていない。だから、大都会から不満が爆発して、崩壊していくね。

亀井:それはそうだろうね。アメリカもこれから国力が落ちていきますよ。だって、大統領がやろうとしていることに、国内はことごとく反対しているでしょう。それでうまくいくわけがない。

石原:それはわからないよ。アメリカという国は侮れない国で、たとえば若者たちが好む遊び道具で、スケートボードとかフリスビーとかウインドサーフィンとか、全部アメリカ発なんだよ。アメリカの発想力やダイナミズムを象徴する例だと思う。日本にはそれがない。日本人には日本人独特の素晴らしい感性があって、それが科学技術に結びついているとは思いますけどね。

1/3ページ