ここから本文です

夫や彼氏がいても「ベッドインしちゃう…」罪な男の条件TOP10

5/12(金) 16:30配信

週刊女性PRIME

普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。――匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、色んな角度からアナリティクス(分析)!   数字はウソをつきませんよ♪

【この記事のすべての写真を見る】

 いくら一筋の愛を誓っていても、ふとした瞬間に揺らいでしまうことはあるハズ。女性にとって“魔が差す”瞬間は数あります。特に揺れるのが、気になる男性の出現でしょう。しかも、好意を寄せてくれる相手なら…。

「どんな男が現れても、断れる!」…そんな一途な女性は、半数以下

 そこでまずは、30~40代の女性200人(各世代100人ずつ/アイリサーチ調べ)を対象に、こう聞いてみました。「どんな相手でも絶対に断る自信がある?」

・「自信がある」39.5%(30代:36.0%/40代:43.0%)
・「自信がない」40.5%(30代:64.0%/40代:57.0%)

 半数以上が、条件次第で心が揺らいでしまう結果に…!  特に若い世代の方が顕著に「自信がない」ということがわかりました。では果たしてどんな相手に言い寄られたら、「隠れて付き合ってしまう」とか、「一夜を共にしてしまう」といった不貞行為に走るのでしょう? 

■夫や彼氏がいても、ベッドインできる男の条件TOP10
(13項目から複数回答)

1位「忘れられない大恋愛をした相手」20.5%
2位「自分の思い描いていた理想のタイプの相手」19.5%
3位「かつて片思いした相手」15.0%
4位「夫や恋人より、見た目が好みの相手」14.0%
5位「夫や恋人より、性格が合う相手」13.5%
6位「相手がいても構わないと熱心に気持ちを伝えてくる相手」9.5%
7位「夫や恋人より、経済力がある相手」9.0%
8位「昔付き合っていたが、一方的にフラれてしまった相手」6.5%
9位「自分の好きな有名人と極めて似ている相手」5.0%
10位「夫や恋人と真逆のタイプの相手」4.0%

 やはり恋の炎はくすぶり続けるのか、「大恋愛をした相手」が1位に。「理想のタイプ」よりも多かったことから、必ずしも妄想で焦がれた夢のお相手がガードを崩すというわけではなさそうですね。

1/2ページ

最終更新:5/12(金) 16:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)