ここから本文です

ドウェイン・ジョンソン、一念“岩”をも通す勢いで米大統領選に立候補!?

5/12(金) 0:03配信

MEN’S+

元俳優のアメリカ大統領はいましたが、 元レスラーの経歴までもった大統領はまだいません。

 もしかすると、まさに人々の声を聴いて、現状に肘鉄をかましてくるのかもしれません。ドウェイン・ジョンソン(45歳)が、米大統領選挙へ立候補する意欲を見せているようです。 
 
  現在、絶賛公開中の映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』で、ルーク役で出演している人気俳優ドウェイン・ジョンソン。彼がプロレスラー時代から積み上げてきたカリスマ性と人気を武器に、アメリカ大統領となる日が近いのでは…と予感をさせる発言をしたのです。大統領選出馬を真剣に考え始めていると…。

【そんなドウェインの新作、公開中の『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像を見る!】

肘鉄をくらわすのでなく、むしろ無数に受けることが大切とのこと。

 ドウェイン曰く、「大統領選に立候補する可能性は大いにあるだろうね――1年前くらいから、どんどんそういったことを考えるようになってきたんだ。それは真剣そのもので、家に帰って『自分の答えを考え直して、真実で敬意のある回答を言えるようにしなくては』、と考えるようになったんだ」とのこと。
 
 さらにドウェインは、「国民のために責任を負うことができる自信あるアメリカのリーダーになることができるだろう」とも、アメリカ版『GQ』誌のインタビューで語っています。さらに…。
 
 「個人的にだけど、僕が大統領になるとしたらバランスが大切だと思うんだ。それにリーダーシップも大切だね。みんなの責任を負うことになるからね。もし何かに対して誰かと意見が合わないとしても、僕は彼らを黙らせたりはしないよ。彼らを含めて考えることになるだろうね――まずは一緒に座って話をしなくてはいけないよね――僕らはみんな問題を抱えているわけだから、一緒に解決していかなくてはいけないんだよ。誰かを黙らせるようなことをしないということが、良いリーダーの素質の1つだと思うんだ。だから意見が食い違ったとしても、一緒に解決していかないとね」と。

メンズ・プラス編集部/BANG SHOWBIZ

最終更新:5/12(金) 0:03
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!