ここから本文です

吉田がアーセナル戦の敗因分析、終盤戦へチームに奮起促す 「今季を力強く終わらせることが重要」

5/12(金) 7:30配信

Football ZONE web

チーム一丸となって戦う重要性を説く吉田 「自分たちが組織で戦えなくなった場合…」

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は10日に行われたプレミアリーグ第26節アーセナル戦に先発フル出場。アーセナルの豪華攻撃陣を防ぎきれず0-2で敗戦した後、吉田は地元紙「デイリー・エコー」の取材に対応し、「今季を力強く終わらせることが重要」とチームに奮起を促した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 14試合連続のスターティングメンバーに名を連ねた吉田は粘り強い守備で対応していたが、後半15分にチリ代表FWアレクシス・サンチェスのシュートフェイントに引っ掛かりスライディングで転がされて先制点を献上。また同38分には左右のゆさぶりからフランス代表FWオリビエ・ジルーをフリーにしてしまい、決定的な追加点を許した。

 UEFAチャンピオンズリーグ圏内を争うアーセナルの攻撃力の前に悔しさを味わった吉田だが、試合後のインタビューでは「前半こそ好調だったが、後半、特に最初のゴールを許した後、自分たちは完全に組織力を失ってしまった。中盤に巨大なスペースを生んでしまい、そこをエジルとサンチェスに使われると、彼らは簡単に自分たちを崩してきた」と敗因を分析。その一方で、チーム一丸となって戦う重要性をこう説いている。

「自分たちはアーセナルやリバプール、(マンチェスター・)シティやチェルシーではないので、毎回チームとしてプレーしなければならない。自分たちが組織で戦えなくなった場合、簡単に失点してしまうのだから。だけど、まだ3試合が残っている。ここ5試合で勝利がないので、すでに降格したチームのミドルスブラ戦では連続未勝利を止めることがとても大事になる」

「まだリーグ上位に入るチャンスはある」

 終盤戦に向けてチーム全体を鼓舞する姿勢を貫き、「今シーズンを力強く終わらせることが重要なんだ。なぜならまだ8位、リーグ上位に入るチャンスはあるから。自分たちはその順位にたどり着いてみるべきと思うし、十分にチャンスがあると思う」とも話している。

 今年に入ってからレギュラー、そしてキャプテンを任されることもあり、一戦ごとに自信を深めている吉田は、プレミアリーグ最終節まで全身全霊で戦う心づもりのようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/12(金) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新