ここから本文です

ミラン、“補強第1号”はスイス代表DFか!? 個人合意に続いてクラブ間合意目前に

5/12(金) 9:00配信

フットボールチャンネル

 ヴォルフスブルクに所属する24歳のスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが今夏にミランに移籍する可能性が高くなっているようだ。11日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 先日、ミランとロドリゲスが個人合意したと報じられた。同メディアによると、契約条件は年俸300万ユーロ(約3億7000万円)にボーナスが付く形とのこと。そして今回、ヴォルフスブルクは移籍金2200万ユーロ(約27億2000万円)を望んでいたものの、その額に相当する移籍金1800万ユーロ(約22億3000万円)+ボーナスのオファーを受け入れたとのこと。

 来週にもミランのスポーツディレクターなどがドイツに向かい、ヴォルフスブルクとクラブ間合意する予定のようだ。ロドリゲスに関してはパリ・サンジェルマンやインテル、チェルシーやリバプールなども獲得を目指していた。ミランはビジャレアル所属のDFマテオ・ムサッキオ獲得にも近づいているが、ロドリゲス獲得の方が先に決まるかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)