ここから本文です

「出会いがない……」は違います!! 無意識に出会いの場を避けていませんか? [with]

5/12(金) 20:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

「愛されるより愛さないと幸せにはなれない」「愛せないのは愛する決意をしていないだけ」など、アドラー心理学には目からウロコの恋愛理論がいっぱい。『幸せになる勇気』を読むと、いかに人は傷つくことを恐れているかが分かります。そこで私たちが無意識のうちにとらわれがちな負の恋愛思考パターンと、そこから抜け出すための勇気を、日本アドラー心理学会認定カウンセラーの岸見一郎先生に授けてもらいました。勇気さえ持てば、人は必ず幸せになれるのです!!

実は出会って傷つくことを恐れている!

with読者から寄せられるお悩みで、もっとも多い「出会いがない」。これを克服するにはどんな勇気が必要なのでしょうか?
「この世の中、半分以上は男性なのですから出会いがないはずはありません。単に出会える場を避けているのです。なぜ避けているかというと、“出会って痛い目にあいたくない“という恐れがあるからです。だから無意識に出会いを実は出会って傷つくことを恐れている!排除している。“出会いがないから“恋愛できないという理由は後づけなのですよ」(岸見先生)
恋愛は、好きと言い合える相手に出会ったら完結するわけではない。出会いはあくまでスタートで、そこからコツコツと関係を育む努力が必要です。
「その過程で傷つくこともあるし、せっかく頑張っても別れてしまうかもしれない。だから人は、『愛される方が幸せだ』と、“愛の担保“を求めて愛されることを待ってしまう。でも自分から愛することができる人は、ギブ&テイクを前提にしていない。ただ愛するから、幸せになれるのです」(岸見先生)
ではその恐れから抜け出すには、どうしたらいいのでしょう?
「成功体験があるといいでしょう。それは決して大きなものでなくていい。“この人と一緒にいたら楽しい““この人となら、自分がありのままでいられる“と感じるというような経験が一度でもあれば、愛する勇気が持てるようになるはずです。そのためには、まずは一歩踏み出す勇気が必要です!」(岸見先生

1/2ページ