ここから本文です

U-20代表の久保建英、磐田との練習試合で得点に関与「手応えあった」

5/12(金) 20:22配信

フットボールチャンネル

 U-20日本代表は12日、ジュビロ磐田とトレーニングマッチを行った。FW久保建英は30分間プレーして得点に絡み、「手応えはあった」と試合を振り返っている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 U-20ワールドカップのメンバーに飛び級で招集されている久保は、30分×2本のトレーニングマッチの1本目に2トップの一角として先発した。

 久保は13分、敵陣で前を向き、1人かわしてスルーパスを出す。小川航基が走りこむが、これはDFに阻まれた。24分の先制のシーンでは、久保が縦パスをスルーして相手を引きつけ、抜け出した伊藤洋輝がシュート。GKが弾いたこぼれ球を小川が詰めている。

 1-0でU-20代表が勝利を収めたあと、久保は試合を振り返って「短い時間でしたが、何回か良いプレーを出せて手応えはあった。30分間で少し短いので、出し切れない部分はあったが、悪くはなかった」と述べた。

 得点シーンのスルーについては、「最初は自分でいこうと思ったんですけど、後ろを見たら伊藤選手がフリーで、ワンタッチで抜けられると思ったので、触るふりをして触らずに…」と咄嗟の判断だったことを明かしている。

 U-20ワールドカップは今月20日に韓国で開幕する。初戦は21日の南アフリカ戦だ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)