ここから本文です

「モンクレール」が仏イラストレーターとコラボ 3D技術を駆使

5/12(金) 15:08配信

WWD JAPAN.com

「モンクレール」が仏イラストレーターとコラボ 3D技術を駆使

 「モンクレール(MONCLER)」は、パリ出身のイラストレーター、ジャン・フィリップ・デローム(Jean-Philippe Delhomme)とコラボし、メンズ・ウィメンズの春夏コレクションを発売した。「モンクレール」の旗艦店および、ブランドの公式オンラインショップで取り扱っている。

 世界的に有名な避暑地であるヴェニスビーチ、サントロペ、カプリからインスピレーションを得た同コレクションは、黄色や青、赤などの明るいカラーが特徴。イラストにデジタルプリントの技術を使うことで、生地を3D風にデザインし、技術研究とクラフツマンシップの融合を表現した。ビーチのライフスタイルを取り入れながらも、同ブランドの春夏コレクションを反映した都会的な雰囲気に仕上げている。

 商品はTシャツ4型、フード付レインコート、メンズのスイムショーツ、ショッピングバッグをそろえる。価格はスイムウエア230ユーロ(約2万8000円)~レインコート995ユーロ(約12万2000円)。

 なお、デロームは過去にも、仏「GQ」や「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」などとコラボしており、1990年代初頭に手掛けたバーニーズ ニューヨーク(Barneys New York)の広告キャンペーンは、アメリカ全土のビルボードに登場するなど大きな成功を収めた。

最終更新:5/12(金) 15:08
WWD JAPAN.com