ここから本文です

「ディオール」「LV」などLVMHの主要ブランドが買える新ECオープン

5/12(金) 15:10配信

WWD JAPAN.com

「ディオール」「LV」などLVMHの主要ブランドが買える新ECオープン

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON/ 以下、LVMH)傘下の仏老舗百貨店ル・ボン・マルシェ(LE BON MARCHE)が6月中旬、ECサイト「24 Sevres」を立ち上げる。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」をはじめとするLVMHグループの主要ブランドに加えて世界148のブランドを扱う。商材はウィメンズウエアやアクセサリー、コスメが中心だ。まずはフランス語と英語限定の専用アプリをローンチする計画で、ダウンロードすれば世界中どこでも利用が可能となる。

 オムニチャネルにも積極的に取り組むとみられ、世界中75カ国への配送に加えてパリ店舗での受け取りサービスも実施する。プロによるビデオチャットやフェイスブック・メッセンジャーを活用したチャットサービスも始める予定だ。また、ローンチを記念して、「クロエ(CHLOE)」「ジバンシィ(GIVENCHY)」「ロエベ(LOEWE)」「マルニ(MARNI)」など68のブランドが世界中のアーティストとコラボレーションした限定のカプセルコレクションも用意する。

 ベルナール・アルノーLVMH会長兼最高経営責任者は、「われわれの顧客は非常に洗練されており、クリエイティビティーと革新を常に求めている。新サイトのローンチによって店舗とは異なるオンライン体験を提供できるはず。顧客はいつでもどこでもこの体験が可能になる」と語る。

 ル・ボン・マルシェはラグジュアリーブランドから新興ブランドまで、幅広い取り扱いを得意とする百貨店。店舗に限らないオンラインカタログを用いたネット販売にも早くから取り組んできた。親会社のLVMHは先日、自社の高級ワインとスピリッツに特化した新ECサイト「clos19」をローンチしたばかり。EC化が遅れているといわれてきたラグジュアリー業界だが、ラグジュアリーECモール「ファーフェッチ」の成長やラグジュアリーブランドの公式ECサイト開設など、ここ数年で急速にデジタル化が進んでいる。「24 Sevres」ローンチを機に、ラグジュアリー市場のオムニチャネル化はさらに加速しそうだ。

最終更新:5/12(金) 15:10
WWD JAPAN.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ