ここから本文です

「海鮮プロレス」とは何だ!? 獲れたての魚介類が闘う!漁業密着型プロレス団体

5/12(金) 16:20配信

HARBOR BUSINESS Online

 日本各地には地域密着型のローカルプロレス団体が数多く存在する。

 多くの団体は地名を冠しており、沖縄の「琉球ドラゴンプロレスリング」、鳥取の「鳥取だらずプロレス」などがその例だ。

⇒【画像】 「海鮮プロレス」の様子

 狭い範囲であれば、市の名前を冠した静岡の「沼津プロレス」や、名古屋市の今池商店街による「今池プロレス」などが挙げられる。

 逆にローカルといえども、広い範囲で活動する団体もある。東北全域を対象としつつ年数回の東京大会を開催している元祖・ローカルプロレス団体「みちのくプロレス」や、九州全域で興行を開催している日本初のNPO法人プロレス団体「九州プロレス」などだ。

 そんな中に、一風変わったローカルプロレス団体がある。名前は「海鮮プロレス」。密着しているのは地域ではなく特定の産業、漁業だ。

◆プロデューサーは覆面レスラーで市議会議員

 海鮮プロレスは「海に囲まれた日本の鮮度の高い魚食文化の普及」を目的に、2015年7月に大阪・堺中央卸売市場で旗揚げ戦が開催された。

 総合プロデューサーは現大阪府和泉市議員でもあるスペル・デルフィン。みちのくプロレスを経て、大阪プロレスと沖縄プロレスを旗揚げした、ローカルプロレスのシリアルアントレプレナーだ。

 選手はすべて海産物をモチーフとしたマスクマンだ。

「高速!マグロジェット」、「エビルマン」、「タコちゅーだー」、「デストロイカー」など、名前だけで元ネタが分かる。

 選手だけでなく、開催場所も独特だ。卸売市場や漁港、グルメイベントや海水浴場など、海産物にちなんだ場所にリングを設置し、催しもののひとつとして試合を見せるのだ。

 今年の5月7日には大阪府鰮巾着網漁業協同組合が運営する「地蔵浜みなとマルシェ」で大会を開催した。どんな興行だったかを報告しよう。

◆岸和田の漁港にリングを設置

 地蔵浜みなとマルシェは大阪府岸和田市にある。新鮮な魚介類を買ったり、バーベキューコーナーですぐに食べたりできる日曜日限定の市場だ。

 会場で募集されたエスコートキッズとプロレスラーが手をつないで入場し、続いてリング上で記念撮影。

 3vs3のタッグマッチで声援を集めた選手は「いわしタルーチャ」。岸和田市はイワシの漁獲量が多く、大阪府での約80パーセントを占める。地元の人間にとっては最もなじみ深い魚が闘うのだから、応援しないわけにはいかない。

 もちろん他のレスラーも個性を発揮する。エビルマンは逆エビ固めで反り上げ、タコちゅーだーは長い足でキック、高速!マグロジェットは解体ショーのごとく首を刈るネックブリーカーを放つ。

 目まぐるしい攻防の末、猛攻を耐えきったいわしタルーチャが「いわしミサイルキック」で無事地元ファンに勝利を捧げた。

 最後は全選手による生き残りをかけたバトルロイヤルだ。前もって観客は誰が優勝するかを予想し申し込んでおき、的中すると遊覧船クルージングがプレゼントされる観客参加型企画だ。

 貴重な体験ができるとあれば、リングそばの親子ファンは一緒に声援をおくる。そのかたわらでは、地元の人々がプロレスと魚介類とビールを味わっている。ゴールデンウィークの最終日にふさわしい平和な時間が流れる。平和でないのはリング上だけだ。

 試合はスペル・デルフィンが優勝。的中者はライフジャケットを受け取り、クルージング船に向かう。選手があいさつし「海鮮プロレス! ピッチピチ!」の言葉とポーズで興行を締めくくった。

◆回遊魚のごとく遠隔地にも足を運ぶ!

 海鮮プロレスは拠点を大阪に起きつつも、宮崎や愛媛など遠隔地のイベントにも頻繁に出張するのが特徴だ。各地で同様のイベントは開催されているので、回遊魚のごとくリングを携え移動している。

 地域活性化に最も直結するのはやはり経済だ。海鮮プロレスはローカルプロレス団体の新しい形といえるだろう。

 ローカルプロレス団体の多くはフットワークが軽く、コラボレーションに応える柔軟性も持っている。もしイベント開催を考えているのであれば、近くのローカルプロレス団体に声をかけてみるのもひとつの方法だ。地元に新ヒーローや珍キャラクターが生まれるかもしれない。

<文・たこ焼きマシン>

【たこ焼きマシン】

名古屋在住のローカルプロレス探求家。ローカルプロレスファンサイトたこ焼きマシン.com、スーパーたこ焼きマシン.comを運営。北海道から沖縄、台湾まで未知のプロレスを求め観戦に遠征する。ご当地プロレスラーガイドブック『ローカルプロレスラー図鑑』をクラウドファンディングで発行。オンラインストア。元・小中学校教員、障害者職業能力開発校講師。夢は世界中すべてのご当地プロレスを観戦しての『ワールドローカルプロレスラー図鑑』制作。

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:5/12(金) 16:52
HARBOR BUSINESS Online