ここから本文です

ついに透明レモンティーも登場 フレーバー水の人気は続くか

5/13(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「今日からレモンティーは透明になります!」とのキャッチコピーとともに3月下旬に発売された飲料『サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン』(サントリー食品インターナショナル)が注目を浴びている。

 ネット上では、〈透明なのにレモンティーの味がしっかりして不思議な感じ〉〈すっきりして甘すぎないのがよかった〉など、驚きと同時に中味を評価する消費者の声が多く見受けられる。

 サントリー天然水といえば、2015年4月に発売した『南アルプスの天然水&ヨーグリーナ』が大ヒットとなり、生産が追い付かず品切れになったのは記憶に新しい。見た目は無色透明の「水」なのに、味は「ヨーグルト」という斬新なアイデアも受け、“フレーバーウォーター”と呼ばれる飲料カテゴリーの市場拡大に貢献した。

 ほのかな果汁や炭酸などが含まれる透明なフレーバーウォーターは、もともと日本たばこ産業が1996年に発売した『桃の天然水』が先駆けといわれるが、市場が一気に広がったのは、日本コカ・コーラが2010年より『い・ろ・は・す』シリーズを数々投入して以降だ。みかん、りんご、アロエ、トマトなど、フレーバーは多岐にわたる。最近ではスパークリングタイプのぶどうやレモン、梨やイチゴの「あまおう(地域限定)」まで登場させた。

 また、アサヒ飲料からは、炭酸飲料の『ウィルキンソン』ブランドに透明のコーラ(タンサンドライコーラ)を加えたり、『おいしい水』にカルピスの乳酸菌を入れた飲料を出すなど、各メーカーから次々と発売される“味つき透明飲料”の商品群は増える一方だ。

 飲料総研の調べによれば、2016年に2億7050万ケース(1ケースは500ml×24本換算)あったミネラルウォーター市場に占めるフレーバー&スパークリングウォーターの構成比は17%(約4500万ケース)だった。

 同社の宮下和浩氏が、フレーバーウォーター人気の理由を語る。

1/2ページ