ここから本文です

世にも奇妙な朝日新聞の「訂正・おわび」記事たち

5/13(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

〈当社は、読者の信頼を取り戻すための第一歩として、訂正記事の書き方を変えます〉〈必要に応じて間違えた理由などを丁寧に説明します〉──2014年12月9日、朝日新聞は朝刊紙面でそう宣言した。

 2014年といえば、「慰安婦」、「吉田調書」の記事取り消しや訂正、謝罪に追われた年である。翌2015年4月からは「訂正・おわび」を社会面に集約。2段抜きの見出しで掲載するようになった。そうした取り組みの“成果”として、訂正・おわびの件数が月平均27件と、以前の倍以上に増えた(2014年10月から2015年6月まで)。

 現在も数多くの訂正記事が出ている。〈「間違った記事は速やかに訂正する」姿勢を社内で徹底した結果〉(同紙2015年8月22日付朝刊より)だと朝日は言う。しかし、「羹に懲りて膾を吹く」ような訂正も少なくない。それらの訂正記事を作家・比較文学者の小谷野敦氏が分析する。

 * * *
 かつて、『日本売春史』(新潮社)という私の著書の書評が朝日新聞に掲載されたことがある。その内容に誤りがあったので、朝日に対応を求めた。書評は朝日のウェブサイト上に今も掲載されており、誤りは訂正も削除もされないままだ。

 長く、朝日をはじめとする新聞記事の誤りに注目してきたが、最近の朝日の「訂正・おわび」記事を検証すると、目を引くものがいくつかある。まず目についたのが、単純なミスかのように「言い訳する」訂正だ。 夕刊美術面に載った17世紀の屏風絵についての解説では、湯屋で男の世話をする「湯女」のルビを間違え、こう訂正した。

〈「湯女」の読み方が「ゆめ」とあるのは「ゆな」の誤りでした。ルビを入力する際に打ち間違えました〉(2016年1月28日付夕刊)

 タイプミスによる「打ち間違え」ではなく、本当に「ゆめ」だと思ったからそう書いたのだろうと突っ込みたくなる。

 昔は大新聞の記者には知性と教養があったが、最近は知性が劣化してバカばかりになった。2014年春に朝日に入社した記者の中で東大卒の新入社員はゼロだったらしいが、今後がますます案じられる。

1/2ページ