ここから本文です

【実録】3週間でお腹ヤセに成功!カワイイ選抜のダイエット体当たりルポ☆

5/13(土) 18:30配信

集英社ハピプラニュース

今ドキ女子の理想=“筋肉のあるメリハリBODY”を読者が手に入れるまでを追っかけ!

専属読モ組織「non-noカワイイ選抜」No.20 の杉田亜弥さんが、夏直前に3週間ダイエットにチャレンジ☆ ただ細いだけじゃない、しなやかな筋肉のあるBODYを叶えた秘密をぜーんぶお見せしちゃいます!

「トレーニング」もチェック♪


◎ダイエットのコーチはこの2人

≫食事指導は『渋谷DSクリニック』安藤有子さん
健康と美容を考え“きちんと食べてヤセる”ための栄養指導を行っている。今回は読者のダイエット前の食事内容のチェック&改善アドバイスを担当。

≫トレーニング指導は『ボディコントロールファクトリー』小倉義人さん
“体重より見た目重視”のメソッドを提唱するトレーナー。モデルやアスリートなど、プロからの信頼も厚い。今回は読者へのトレーニング指導を担当。


◆3週間でこんなに! 衝撃の結果

ウエスト-5.7cm
下腹-4.6cm
ヒップ-4.1cm
太もも-3.4cm


杉田亜弥さんボディ&食生活カウンセリングをチェック!

【改善POINT】“冷やす”食事に問題あり。体幹を鍛えお腹を凹ませて

杉田さんの普段の食事内容を調査した結果、安藤さんから「お腹ヤセを阻んでいる一因は“冷え”」との指摘が!
「杉田さんは、サラダ をよく食べています。生野菜はビタミンをとるために必要ですが、それだけでは体が冷えてしまうので温野菜も加えてみて。また、牛 ・豚・羊肉もおすすめ。筋肉のもととなるたんぱく質をとれるうえ、脂肪を燃やすカルニチンが豊富です」(安藤さん)。

ボディを見た小倉さんからは「反り腰&前傾姿勢がお腹をたるませています。エクササイズで後ろ重心と 体幹の使い方を覚えれば5~6cmはサイズダ ウンするはず!」とのアドバイスが。


◆3週間の間に行った「食事改善」はこれ!

キホン和食! サラダにひと工夫
「和食中心の生活をキープ。 サラダには牛肉・豚肉を加えたり、レンジでチンしたかぼちゃスライスを加えて体を温める&脂肪を燃やす工夫を」

【体を冷やす「バナナヨーグルト」は封印】
南国の果物は体を冷やすと知り、毎日食べていたバナナヨーグルトをストップ。サラダをボリュームアップ&ごはんを玄米にして食事の食べごたえがアップしたら、そもそもデザートを欲しなくなった♪

【外食するなら野菜がたっぷり『サブウェイ』】
外食時はたっぷりの野菜とたんぱく質がとれる『サブウェイ』へ。昼食をコンビニで買う日は、おにぎり+ゆで卵を選び、お弁当箱で持参した手作りサラダを添えてバランスを整えました」

【魚は“無塩”を選んでむくみ対策もばっちり】
塩サバでなく無塩サバを選んだり、おみそを減塩タイプにしたり。塩分控えめを意識して、むくみ対策も実践」



2017年6月号掲載

撮影/当瀬真衣(TRIVAL・After)  永躰侑里(Before) ヘア&メイク/得字マキ(nude.) スタイリスト/梅林裕美  取材・原文/国分美由紀 web構成/篠有紀