ここから本文です

ジューンブライドに向けて! ラスベガスで、スタイリッシュに結婚する方法

5/13(土) 20:40配信

エスクァイア

 国外で結婚したいと思う人は少なくないはずです。その候補に、ラスベガスはいかがですか? ラグジュアリーな環境で愛するパートナーと良い思い出を作りましょう!
 
 ドライブスルーの結婚式ができることで有名なチャペル「LITTLE WHITE CHAPEL」から、エルビスプレスリーのそっくりさんがやって来て式を盛り上げてくれるという「エルビススペシャル」なるオプションも用意している「GRACELAND WEDDING CHAPEL」アメリカまでと…ラスベガス以上に、結婚式を生き生きとさせる都市は世界のどこにも見つからないでしょう。いい意味で、キッチュなまでに魅力的な結婚式になること間違いなしなのです。 
 
 ですが、それは映画の中で観るべきものとして、実際は棚上げしておくのがベストと言えます。…とはいえ、ここシン・シティ(ラスベガス)が、未だにに縁を結ぶための世界第一位の目的の地であることを忘れてはいけません。交通の便、高級ホテルやレストランが集中していること、ラスベガスをホットスポットにしている金ピカな特徴のこと、などをイメージしてみてください。
 
 ついでに、一流のラスベガスウェディングを挙げる秘訣とは一体何なのか考えてみましょうか? ここから本題です。このネバダ砂漠にある最も煌びやかな宝石の内側で展開する、至高の結婚式の詳細をご紹介しましょう。未来の新婦の誰もが、これに釘付けになること間違いなしです(笑)。

世界で最も生活費用がかかる10都市

1.ラスベガスではホテルがすべて

 自分のパーティースタイルに合うホテル選びは、結婚式に欠かせないものです。これは、ラスベガスでは一番重要なことです。そこで立地、快適な設備、雰囲気を考慮します。ザ・コスモポリタン・オブ・ラスベガスはラスベガス・ストリップにあり、街で最も幅広いジャンルで話題のレストランばかりを集めたホテルです。プールは3つありますが、他とはまったく異なる雰囲気を醸し、ラスベガスのスカイラインの感動的な眺めも一望できるのです。選りすぐりのブティックもあり、自宅に靴やジャケットを忘れてきても大丈夫。不便どころか、これは良い機会と買い物に夢中になることでしょう。 
 
 いっそのこと、Bachelor party(バチェラー・パーティー=独身さよならパーティ)もここでやっちゃいますか? ならば、まずはフランキーズ・チキ・ルームで数ラウンドこなすことから始めてはいかがですか? ラスベガスのメインステイには、レトロな南太平洋様式の装飾と飽きのこないダイビングバーの雰囲気が欠かせません。トロピカルカクテルを何杯か飲み干した後は、有名なDJが夜な夜な回している世界トップクラスのクラブ、TAOラスベガスでパーティを! 普段はクラブ通いをしない人でも、十分に楽しむことができます。

1/3ページ

最終更新:5/13(土) 20:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます