ここから本文です

PS4用『真・三國無双8』はオープンワールド! 爽快感を味合える新システムに新武将も!!【ざっくりゲームニュース】

5/13(土) 14:00配信

おたぽる

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 本日は歴史アクションシリーズの最新情報からお伝えしよう。株式会社コーエーテクモゲームスは、現在PS4用ソフトとして開発中のアクションゲーム『真・三國無双8』に関する新情報を発表した。合わせて公式サイトもオープンしている。今作は開発チーム「ω-Force(オメガフォース)」20周年の節目ということもあり、ゲーム内容を大幅に刷新。一騎当千の武将となって爽快なアクションが楽しめる『真・三國無双』シリーズならではの要素はそのままに、オープンワールド形式を採用。これまでにない変幻自在の歴史アクションを体感できるという。

 また、今回は従来シリーズよりさらに爽快感が味わえる新アクション「ステートコンボシステム」の搭載が発表となったほか、新武将として「程普」の参戦が明らかになった。孫家3代を支えた最古参の名将の参戦ということで、この発表に色めき立つファンも少なくないようだ。気になる発売日や価格は未定だが、今後の情報にも期待が高まるところだ。

 続いてヒューネックス株式会社は、6月29日にPS Vita用ソフトとして発売を予定しているアドベンチャーゲーム『罪喰い~千の呪い、千の祈り~ for V』の体験版を配信した。本作は2016年にPC用ソフトとして発売された作品をPS Vita向けに移植したもの。Vita版ではサブキャラクターの新個別ルートや各キャラクターの後日談をはじめ、数々のオリジナル要素が追加されている。体験版は物語の序盤を収録し、Vita版で追加されたシーンのシナリオをも楽しむことができるという。本体験版はすでにPC版をプレイしているファンはもちろん、購入を決めかねているユーザーの後押しになるはずだ。

 最後に、アークシステムワークス株式会社は対戦格闘ゲーム『BLAZBLUE CENTRALFICTION』のネットワーク対戦体験会の開催を発表した。期間は5月20日と21日。東京・京都・福岡・北海道の全国4都市にて開催される。本作は株式会社タイトーによる、アーケード向けビデオゲームのダウンロードシステム「NESiCA×Live2」を用いて配信が予定されており、今回の体験会は同システムを用いた店舗間対戦の体験ができるとのこと。各キャラクターの調整は現在「NESiCA×Live」にて配信されているver.1.30.01と同等の内容になるとのことで、現行のプレイヤーは気がねなくプレイすることができそうだ。開催店舗の近くに住んでいるプレイヤーはぜひとも参加してみてはいかがだろうか?

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・『真・三國無双8』公式サイト
http://www.gamecity.ne.jp/smusou8/
・『罪喰い ~千の呪い、千の祈り~ for V』公式サイト
http://dramaticcreate.com/tumikui/
・『BLAZBLUE CENTRALFICTION』公式サイト
http://www.blazblue.jp/cf/ac/

最終更新:5/13(土) 14:00
おたぽる