ここから本文です

プレミアリーグを席巻するイタリア人監督。8年間で4人がリーグ制覇

5/13(土) 8:21配信

フットボールチャンネル

 現地時間12日に行われたプレミアリーグ第37節、ウェスト・ブロムウィッチとのアウェイゲームに勝利したことで、チェルシーは2016/17シーズンのリーグ優勝が決定した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 優勝監督となったのは、今季からチェルシーを率いるイタリアのアントニオ・コンテ監督。就任1年目でのプレミアリーグ優勝はジョゼ・モウリーニョ監督(2004/05チェルシー)、カルロ・アンチェロッティ監督(2009/10チェルシー)、マヌエル・ペジェグリーニ監督(2013/14マンチェスター・シティ)に続いて4人目となった。

 近年のプレミアリーグには多くのイタリア人監督が招聘され、結果も残している。前述のアンチェロッティ監督に加え、2011/12シーズンにはロベルト・マンチーニ監督のマンチェスター・シティ、昨シーズンはクラウディオ・ラニエリ監督のレスター・シティが優勝。最近8シーズンのうち4シーズンのプレミアリーグを、それぞれ4人の異なるイタリア人指揮官が制する結果となった。

 2013/14シーズンのペジェグリーニ監督、2014/15シーズンのモウリーニョ監督(チェルシー)も含め、4年連続での外国人監督による優勝はリーグ初。サー・アレックス・ファーガソン氏が引退前の最後の年となった2012/13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドで優勝して以来、英国人の優勝監督は現れていない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)