ここから本文です

栄養バランスも◎ 料理研究家ウー・ウェン直伝「水餃子レシピ」  [FRaU]

5/13(土) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

小麦粉の皮の中に、野菜とタンパク質が包まれているのが餃子。実は一品で栄養バランス満点のパーフェクト料理です。今回は料理研究家のウー・ウェンさんに「水餃子の基本」を教えていただきました。

栄養バランスのいい水餃子は 完全食なんです

皮の中央に餡をおき、左右それぞれ3つのひだができるように包む。熱湯に一度に入れたら、均等に火が通るよう、上をジャーレンで何度か押さえるようにして餃子を泳がせる。ゆで時間は具材によって異なるが、餡に火が通って浮き上がり、ぷっくり膨らんだらOK。

ラム肉とトマトの水餃子

ひと口かじると肉汁と
トマト果汁があふれ出す

◆餡の材料(40個分)

ラム肉(細かく叩く)…300g
トマト(粗く刻む)……1個

(A)
こしょう…少々
酒…………大さじ1
しょうゆ…大さじ2

◆作り方

1. ラム肉をボウルに入れ、Aの材料を上から順に入れては、そのつどよく混ぜる。最後にトマトを加えてさっと混ぜる。

2. 皮に1を等分に包んで成形する。たっぷりの熱湯でゆでる。

<POINT>
しょうゆがラム肉のくさみを消してくれる。トマトの水分も大切な調味料。

エビとクレソンの水餃子

火を通したクレソンの意外なおいしさ

◆餡の材料(40個分)

むきエビ(粗く刻む)…300g
クレソン(ざく切り)…100g

(A)
こしょう…少々
酒…………大さじ1
粗塩………小さじ1/3
ごま油……大さじ1

◆作り方

1. むきエビをボウルに入れ、Aを上から順に入れては、そのつどよく混ぜる。最後にクレソンを加えてさっと混ぜる。

2. 皮に1を等分に包んで成形する。たっぷりの熱湯でゆでる。

<POINT>
ほんのり淡いピンク色が透けて見える様子もいい。シンプルな塩味で。

豆腐とそら豆の水餃子

ふわふわなめらかな豆腐はチーズのよう

◆餡の材料(40個分)

豆腐(木綿)……1丁
そら豆(正味)…100g

(A)
こしょう…少々
みそ………大さじ2
練りごま…大さじ2

◆作り方

1. 豆腐をざるにのせ、ざっとほぐしてそのまま30分ほどおき、水けをきる。そら豆はさやから取り出し、薄皮をのぞき、二つに割る。

2. 豆腐をボールに入れ、Aを上から順に入れては、そのつどよく混ぜる。最後にそら豆を加えさっと混ぜる。

3. 皮に2を等分に包んで成形する。たっぷりの熱湯でゆでる。

<POINT>
動物性タンパク質だけでなく、植物性タンパク質である豆腐や厚揚げもおすすめの食材。

教えてくれたのは……

ウー・ウェンさん
中国、北京生まれ。料理上手な母から受け継いだ北京家庭料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。著書に「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」(高橋書店)、「からだを整える お手当料理」(天然生活ブックス)など多数。