ここから本文です

レアル元監督がベイルとC・ロナウドを一刀両断 負傷癖と「野次の理由を理解していない唯一の人間」

5/13(土) 17:15配信

Football ZONE web

かつてレアルを率いたトシャック氏 ベイルが利き足を活かせていないと指摘

 レアル・マドリードが誇る最強3トップと言えば「BBCトリオ」だが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2人が、かつてレアルを率いた経験のあるジョン・トシャック氏から一刀両断にされている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 1990年代、二度にわたって白い巨人を率いたトシャック氏は、バルセロナの贔屓紙「ムンド・デポルティーボ」でインタビューに答えた。ウェールズ人ということもあり同胞のベイルについて聞かれると、怪我がちの状況を踏まえてこのように話している。

「ベイルが抱えている問題についてはよく理解している。彼が17歳でウェールズ代表デビューを飾った頃から知っているが、もともとは左サイドバックで、その印象が残っている。ベイルは左利きだが右サイドでプレーしている。ロベルト・カルロスが右サイドでプレーすることはあるだろうか? そして若い頃から負傷を繰り返して、回復プロセスが最善のものではなく、再発を繰り返している。私がウェールズ代表の監督だった頃、試合の30%で欠場したのは残念だったよ」

 負傷癖と利き足の左を活かしきれていないとした。そして、ロナウドについてはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝アトレチコ・マドリード戦でのゴールが「私にはオフサイドに見えた。オフサイドには多くの議論がある。VARが試合時間を2時間半に伸ばさないことを願っているが」とビデオ判定について指摘しつつ、本拠地サンチャゴ・ベルナベウでロナウドがしばしば浴びせられる野次についてもこう言い放った。

野次は一種の“有名税”

「クリスティアーノへの野次については理解している。しかし彼はそうではないようだ(笑)。彼は理由を理解していない唯一の人間なんじゃないかな。その理由は(ロナウドがもらっている高額の)サラリーにある。もし彼らがロナウドに野次を飛ばさないなら、他の誰かに同じことをするだろう」

 野次は一種の“有名税”であると話した。ベイルとロナウドにとっては少々承服できない部分もある意見かもしれないが、結果を残すことでトシャック氏の辛口発言を黙らせるしかないだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/13(土) 17:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新