ここから本文です

岡崎今季3点目も…追い上げ及ばずマンCに敗戦。マフレズPK弾2回タッチで取り消し

5/13(土) 22:27配信

フットボールチャンネル

【マンチェスター・シティ 2-1 レスター・シティ プレミアリーグ第37節】

 現地時間13日にプレミアリーグ第37節の試合が行われ、レスター・シティはマンチェスター・シティと対戦。ダビド・シルバなどにゴールを許し、レスター・シティは1-2の敗戦を喫している。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たした。試合開始して29分、マンチェスター・シティのダビド・シルバに先制点を決められると、36分にはPKからガブリエル・ジェズスにゴールを決められ2点リードされる。

 それでも42分、左サイドからのクロスを岡崎がダイレクトボレーで合わせて1点を返した。岡崎にとっては2016年12月に行われたサンダーランド戦でゴールを決めて以来、5ヶ月ぶりとなるゴールで今季リーグ戦3点目となっている。さらに77分、PKのチャンスを獲得したレスターだったが、リヤド・マフレズのPKはゴールに入ったものの、蹴ったボールが軸足に当たり起動が変わった2回タッチの得点だったとしてゴール判定が取り消された。

 結局、レスター・シティの追い上げは岡崎の1点だけにとどまり1-2の敗戦を喫した。岡崎は73分にイスラム・スリマニとの交代でピッチから退いている。勝ち点3を積み上げたマンチェスター・シティは暫定3位に浮上した。

【得点者】
29分 1-0 シルバ(マンチェスター・シティ)
36分 2-0 ジェズス(マンチェスター・シティ)
42分 2-1 岡崎(レスター・シティ)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)