ここから本文です

岡崎、英紙がチームトップタイの最高評価「ワールドクラスのゴール決めた」

5/13(土) 23:32配信

フットボールチャンネル

 現地時間13日にプレミアリーグ第37節の試合が行われ、レスター・シティはマンチェスター・シティと対戦し1-2の敗戦を喫した。日本代表FW岡崎慎司はこの試合で豪快なダイレクトボレーから1点を決めている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 英紙『デイリー・メール』は岡崎に対して、リヤド・マフレズやウィルフレッド・エンディディと並んでチーム最高評価となる「7.0」の点数をつけた。ジェイミー・ヴァーディーやマーク・オルブライトン、GKカスパー・シュマイケルには「6.5」。ダニー・シンプソンとクリスティアン・フクス、アンディ・キングには「6.0」の採点をつけ、ベン・チルウェルやヨハン・ベナルアンには「5.5」の点数をつけている。

 また、地元紙『レスター・マーキュリー』は岡崎を10段階中「7.0」と評価し、寸評では「なんてボレーシュートだ。彼はボールをバウンドさせることなく、ワールドクラスのゴールを決めた」とコメントしている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)