ここから本文です

うま味アップ!塩麹より手軽な「塩ヨーグルト」漬け、つくってみない?

5/13(土) 21:10配信

ESSE-online

 4~5年前にブームになり、すっかり定着した「塩ヨーグルト」。じつは「漬け床(つけどこ)」にするとさわやかなうま味で、塩麹やみそとはまた違った魅力があるってご存知でしたか?日本ではヨーグルトといえば朝食やデザートのイメージですが、世界では万能調味料として知られています。15年以上前からヨーグルトを料理に使ってきたという、各国料理研究家の佐藤わか子さんに、塩ヨーグルトのつくり方と使い方を教わりました。

⇒話題の「塩ヨーグルト」つくってみよう

「塩ヨーグルト」のメリットとは

■調味料として使うと、野菜や肉がおいしくなる

ヨーグルトに漬けることで食材に乳酸菌が浸透して発酵。うま味がアップします。また、ヨーグルトには肉の繊維をやわらかくし、魚の臭みを消す働きも

■手軽につくれる

材料費が安く、つくりやすい分量でつくれるうえ、どんな食材や調理法とも相性がよくて使いやすい。ヨーグルト床は2~3回使えます。今回は昆布を加え、和風料理にも合うレシピをご紹介します

■美容と健康によい

ヨーグルトは三大栄養素やビタミン、カルシウムを含むすぐれた食品であるうえ、乳酸菌が腸内環境を整え、新陳代謝を活発にしたり免疫力を上げたりする作用も

隠し味は昆布!「塩ヨーグルト」のつくり方

[材料](つくりやすい分量)

・プレーンヨーグルト(無糖) 100g

・塩 小さじ1

・切り昆布 少し

[つくり方]

ボウルですべての材料を混ぜる。

[使い方]

野菜を漬けるならこのままで、肉や魚を漬ける場合は塩の分量を小さじ1/2に減らしてください。素材がやわらかくなるうえ冷めてもかたくなりにくく、塩分で傷みにくいのでお弁当のおかずにぴったりです

野菜のうま味がアップ!「野菜の塩ヨーグルト漬け」

[材料](つくりやすい分量)

・カボチャ(薄切り) 1/8個

・ナス(縦半分に切る) 1個

・カブ(縦半分に切る) 1個

・塩ヨーグルト 200g

[つくり方]

(1) 野菜に塩少し(分量外)をもみ込む。

(2) (1)を塩ヨーグルトに1~3日間漬ける。

(3) 塩ヨーグルトを洗い流して水気をきり、それぞれ食べやすい大きさに切る。カボチャの皮はかたければ取り除く。

 浅漬けなら1日。2~3日で味がしみて食べ頃になります。

【監修・調理/佐藤わか子さん】

各国料理研究家。世界各国にホームステイをして料理を学ぶ。オールアバウトのエスニック料理担当ガイドを務め、塩ヨーグルトのレシピも紹介。著書に『塩ヨーグルトをはじめよう』(文藝春秋刊)

<撮影/山川修一>

ESSE

最終更新:5/13(土) 21:10
ESSE-online