ここから本文です

EL決勝進出でマンUが挑む史上5チーム目の快挙とは?

5/13(土) 16:00配信

SOCCER DIGEST Web

挑戦できるクラブ自体が限られた文字通りの大金字塔。

 スペインのセルタを2試合合計2-1で下し、ヨーロッパリーグ決勝に勝ち上がったマンチェスター・ユナイテッド。5月24日にスウェーデンのストックホルムで開催される決勝では、史上5チーム目の偉業に挑むことになった。
 
 アヤックスと戦う決勝に勝って優勝すれば、マンチェスター・UはUEFAの主要3大カップ戦をすべて制覇することになる。チャンピオンズ・リーグ(旧チャンピオンズ・カップ)、カップウィナーズ・カップ(ヨーロッパリーグに統合され現在は消滅)、そしてヨーロッパリーグ(旧UEFAカップ)だ。
 
 マンチェスター・Uは、1968年、99年、2008年にチャンピオンズ・リーグを、91年にカップウィナーズ・カップを制しており、このヨーロッパカップが残された関門だった。
 
 過去にこの3大カップ戦の全制覇を成し遂げているのが、奇しくも今回の決勝で対戦するアヤックス、バイエルン、ユベントス、そして2013年にヨーロッパリーグで優勝して達成したチェルシーの4チームのみ。チャンピオンズ・リーグ最多優勝(11回)を誇る名門中の名門、レアル・マドリーも果たせていない。
 
 ちなみに、チャンピオンズ・リーグとカップウィナーズ・カップの優勝歴があるバルセロナは、UEFAカップの前身に当たるフェアーズ・カップを3度制しているが、当時はUEFAの主催大会ではなかったため、UEFAの公式記録から除外されている。
 
 各国のカップ戦王者が戦うカップウィナーズ・カップが、1999年を最後にヨーロッパリーグに吸収される形で消滅したため、この3大カップ全制覇は挑戦できるクラブ自体が限られている、文字通りの大金字塔だ。
 
 マンチェスター・Uは快挙を達成できるのか。英国の老舗ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』の賭け率は、1.83倍対4倍でマンチェスター・Uの優位を予想している。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:5/13(土) 16:00
SOCCER DIGEST Web