ここから本文です

球界初の海外公式戦が台湾で開催【2002年5月14日】

5/14(日) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は5月14日だ。

 2002年5月14日は、ダイエー(現ソフトバンク)―オリックス戦が日本球界初の海外での公式戦として台湾・台北の天母棒球場で行われた日だ。過去には1940年に日本の植民地となっていた「満州国」で全9球団が「第1回満州大リーグ」を開催、61、62年には返還前の沖縄で公式戦が行われたが、実質的には、これが史上初の海外公式戦となる。

 当時のダイエーは台湾にルーツを持つ王貞治監督が指揮を執り、試合前の始球式、国歌斉唱は台湾でも人気があったアイドル、松浦亜弥さんが行った。

 大観衆で埋まった記念すべき初戦は1対3から追いついたダイエーが4対4で迎えた9回裏、松中信彦のサヨナラ本塁打で勝利。選手会長の小久保裕紀は「年間を通してもなかなかできないゲーム。見ている方もそうですが、プレーしているわれわれも面白かった」と興奮気味に語った。

 翌15日の同カードの試合は7対8で敗れたが、王監督は「十分満足できる遠征だった。今後も継続することに意義があると思う」と満足気な表情で総括。実際には、その後、05年に韓国でロッテ─ソフトバンク戦、14年には巨人─阪神戦をアメリカで開催するプランがあったが、いずれも実現していない。

 台湾は巨人・陽岱鋼の存在もあって日本野球のファンも多い。機会を見て、ぜひ再現してほしいものだ。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

カープ&ホークス ペナント制覇!
広島・ソフトバンクの歓喜の優勝シーン
祝勝会&優勝会見再録