ここから本文です

「1987年の河合奈保子」秘蔵写真に石破茂氏が感慨

5/14(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「西城秀樹の妹」としてデビュー、アイドルとして一世を風靡した河合奈保子。『女性セブン』の地下倉庫で、1987年の彼女の秘蔵写真を発掘。河合奈保子の思い出について、彼女の歌を全曲歌える石破茂代議士が特別寄稿した。

 * * *
 私にとって河合奈保子は、夢中になった「最後のアイドル」です。彼女が「西城秀樹の妹」としてデビューした時、私はもう23歳。彼女は16歳だったから、“恋人”というより可愛い“妹“のような存在でしたね。

 最初の印象は裏表がなさそうで、「性格が良さそうな娘だな」と思った。でも彼女のことを知るうちに、「音楽性」に惹かれるようになりました。歌唱力が抜群で、明るい歌からしっとりした歌まで幅広いジャンルを歌える人だった。

 私が特に好きだった曲が2曲あります。1曲目が明るくてノリの良い『エスカレーション』(1983年)。今でも、夏になると歌いたくなりますね(笑い)。もう1曲は、打って変わって大人のしっとり感を感じさせた『ハーフムーン・セレナーデ』(1986年)。彼女自身で作曲して、ピアノを弾きながら歌う姿がとても良かったですね。

 今回掲載された1987年の頃の写真もそうだけど、この頃には彼女も「大人の女性」になっていた。単に天真爛漫なアイドルで終わらず、美しい大人に変わっていったところにも魅力がありました。

 彼女が私にとって他のアイドルと違って特別なのは、「辛い時期」を支えてくれた存在だったというところにあります。

 私は1986年の7月に29歳で国会議員になりましたが、その2年ほど前から地元・鳥取で挨拶廻りをしていました。当時は運転手もいなくて、来る日も来る日も自分で運転しながら1日に何百軒と挨拶していたんです。若造だった私は「お前に入れる票はここにはねえぞ」などと、厳しいことも言われました。その時に、車の中でいつも聴いていたのが河合奈保子だった。その明るい歌声に元気を貰っていました。

1/2ページ