ここから本文です

お腹を引き締める、地獄の40分間ワークアウト

5/14(日) 9:40配信

MEN’S+

 不規則な食生活や食べ過ぎなどで、ポッコリとお腹が出てしまうことに悩みを抱えている人は少なくないはず。 
 
 そんななか、お腹の引き締め効果が期待できる地獄の40分間ワークアウトを米誌『Men's Health』でお馴染みB.J.ガドールが紹介します。

【 動画でエクササイズの方法を詳細にご紹介!】 1分34秒

 このルーティーンは、AMRAP(as many rounds as possibleの略:できるだけ多くのラウンド数の意味)として知られているプロトコル(手順)が特徴となっています。これはセッションの同じ時間の中で、数多くのラウンドを行うことを目的にした高密度のトレーニング方式です。また、素早く脂肪を燃焼し代謝を調整するに理想的な、時間と戦うレースとも言えます。何をおいても、あらゆる種類の動きを投入して、クオリティを優先するよう意識してください!

ここにプロセスを説明します:

 このルーティーンには、それぞれ3つの動きを連続して行う7分のドリルを5回含んでいます。それぞれのドリルをリストの順番に行い、1~2分間のインターバルをドリルとドリルの間に挟んでください。 
 
【ドリル その1】
 
1. 腕立て伏せ、7回 
2. スクワット、7回 
3. バーピー(スクワット状態、足を延ばす、腕立て伏せ、スクワット状態に戻る、ジャンプして立ち上がるからなる5ステップを基本とするエクササイズ)、7回 
 
これが1ラウンドです。7分間でできるだけ数多くのラウンドを実践し、必要であれば休憩をしてください。 

 
【ドリル その2】 
 
1. ブルガリアン・ヒップヒンジ、左7回 
2. ブルガリアン・ヒップヒンジ、右7回 
3. ヒップヒンジ、7回 
 
これが1ラウンドです。7分間でできるだけ数多くのラウンドを実践し、必要であれば休憩をしてください。 

 
【ドリル その3】 
 
1. ディップ、7回 
2. 腕立て伏せ、7回 
3. 腹筋運動、7回 
 
これが1ラウンドです。7分間でできるだけ数多くのラウンドを実践し、必要であれば休憩をしてください。 
メモ:平行棒ディップを、オフベンチディップや平行懸垂または補助懸垂に変更することもできます。 


【ドリル その4】 
 
1. コントララテラル・ブルガリアンスプリットスクワット、左7回 
2. コントララテラル・ブルガリアンスプリットスクワット、右7回 
3. ゴブレットスクワット、7回 
 
これが1ラウンドです。7分間でできるだけ数多くのラウンドを実践し、必要であれば休憩をしてください。 


【ドリル その5】 
 
1. シングルアームスイング、左7回 
2. シングルアームスイング、右7回 
3. ダブルアームスイング、7回 
 
これが1ラウンドです。7分間でできるだけ数多くのラウンドを実践し、必要であれば休憩をしてください。 
メモ:必要に応じて、ダンベルに変更することもできます。 
 
 
 7分で7ラウンド以上を達成できるようになったら、重量を増やしたり、よりレベルの高いエクササイズのバリエーションを取り入れてみましょう。 
 
 また、重量やバリエーションを保ちつつ、より多くのラウンド数にチャレンジしても良いでしょう。

MEN’S+/Men's Health

最終更新:5/14(日) 9:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ