ここから本文です

飲食店の「相席」を拒否することはできる? 弁護士さんに聞いてみた

5/14(日) 6:00配信

オトナンサー

 多くの人で混雑する、平日のランチタイムや週末のディナータイムに飲食店へ行くと、スタッフから次のようにお願いされることがあります。

「申し訳ありませんが、混雑時は『相席』とさせていただきます」

 お店によっては、相席を求める張り紙などをしているところも。しかし、見ず知らずの人との相席は、誰しも気が引けるもの。なるべくなら、しないで済ませたいのがホンネではないでしょうか。

 オトナンサー編集部では、弁護士の牧野和夫さんに取材。飲食店において、相席の要求を拒否しても問題ないのかを聞きました。

個別に声をかけられたら「契約」成立

 まず牧野さんによると、お店に相席に関する大きな表示があれば、「客はそれを承諾して入店しており、混雑時に相席を認める契約が成立している」と解釈することは不可能ではないそうです。ただし「表示だけで客がどこまで合意したと言えるかが問題になります」(牧野さん)。

 しかしランチタイムなどの混雑時、お店のスタッフが客に個別に声をかけて「混雑時の相席の同意」を求めている場合は、相席を認める契約が確実に成立していると解釈できます。この時、客には、契約に基づく相席義務が発生しており、相席を拒否すればこの義務に違反することになります。

 とはいえ、お店は客に退店を要求したところで、あくまで“任意”に応じてもらうことができるだけ。「客を無理やり店外へ引きずり出すなどして、強制的に退店させることはできません」。

 それでは、相席義務に違反した客にペナルティーはないのかといえば、違います。

「客が合理的な理由なく相席を拒んだ場合、お店は相席分の売り上げを失うことになり、最悪の場合、客はお店から損害賠償請求をされるリスクがあります」

客に実際の損害が発生した場合は

 ちなみに、相席を拒否したことで何らかの不利益を被った場合、客はレストランに対して損害賠償請求ができるのでしょうか。

「通常は考えられませんが、万が一、強制的に退店させられて負傷したり、意図的に食事の提供を遅くされて商談の機会を失ったりするなど、実際に損害が発生した場合には、不法行為に対する損害賠償請求ができることもあるでしょう」

オトナンサー編集部

最終更新:5/14(日) 10:58
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。