ここから本文です

武藤嘉紀、今季5点目はチームを救う貴重な逆転弾。PKも獲得して残留に大前進

5/14(日) 0:33配信

フットボールチャンネル

 現地時間13日に行われたブンデスリーガ第33節でマインツはフランクフルトをホームに迎え、4-2の勝利を収めた。FW武藤嘉紀は後半から出場し、チームを救う逆転弾を決めている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 降格の可能性がある16位ハンブルガーSVと同勝ち点の15位という危機的状況にあるマインツは、前半終了間際に先制を許す厳しい展開。後半のスタートから武藤が投入されるが、50分に追加点を許してさらに難しい状況となった。

 それでも60分と62分の得点で一気に追いつくと、76分に武藤が大仕事。右後方からのクロスボールにヘディングで合わせ、マインツにリードをもたらした。

 ユニフォームを脱いで今季リーグ戦5点目を喜んだ武藤にはイエローカードが提示されるも問題なし。アディショナルタイムにはPKを獲得すると、デ・ブラシスがゴールを奪い、マインツは4-2の大逆転勝利を収めた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)