ここから本文です

アン・シネ、人生最大級の“愛”に感謝「生きててこんなに愛情を受けたことは…」

5/14(日) 10:40配信

THE ANSWER

日本第2戦は予選落ち、2週間の熱狂終焉…インスタ更新「感謝の気持ちでいっぱい」

 女子プロゴルフツアー・ほけんの窓口レディース(福岡・福岡CC和白C)は13日、コース状況不良でサスペンテッドとなった第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われ、注目を集めた「韓国のセクシークイーン」アン・シネは通算13オーバーの101位で予選落ちした。日本初参戦から2週に渡り、巻き起こった熱狂はいったん、終焉。一躍、注目の的となったゴルフ界のヒロインはインスタグラムを更新し、ファンの愛に「私が今まで生きててこんなに愛情を受けたことはあったかな…」と極上の感謝を表現した。

【画像】「本当にごめんなさい」…日本語でファンへの思いを綴ったアン・シネのInstagram

 日本初参戦の先週はプレーはもちろん、トレードマークの膝上30センチともいわれるミニスカートでラウンドし、身にまとったウェアも注目を集める要因に。アン・シネのラウンドについて回るギャラリーが多数現れ、メディアにも大きく報じられた。

「全く予想もしていなかった熱狂で、信じられないデビューウィークになりました」と振り返っていたが、舞台を福岡に移した今週は街を観光する模様を地元テレビ局が密着するなど、異例の注目度となった。アン・シネ自身も博多グルメに舌鼓を打ち、さらにソフトバンク戦が行われたヤフオクドームを訪れ、ヘルメット姿でプロ野球観戦する様子をインスタグラムにアップするなど、オフも充実の時間を過ごしていた。

 13日のラウンド後、ファンの熱狂を浴びた2瞬間を振り返り、日本語で「私が今まで生きててこんなに愛情を受けたことはあったかな…」とインスタグラムに投稿。26年の人生でも代え難い経験だったようで、「本当にこの2週間で、私を応援してくださった全ての方に心から感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝の思いを記した。

プレーは振るわず「期待に応えられない成績、本当にごめんなさい」、6月再参戦へ

 今週は寒さで長袖長ズボンでスタートしながら、ラウンド中にトレードマークのミニスカに着替えて話題を呼んだが、肝心のプレーでは先週の41位に続いて予選落ちと思うように結果を残すことはできなかった。

「今回は期待に応えられない成績だったこと…本当にごめんなさい。6月にまた来ますね」と謝罪し、次回参戦予定の日本ツアー、アース・モンダミンカップ(6月22日開幕)で巻き返しを目指す。

 最後に「ありがとう 日本のみなさま」と語尾に2つのハートをつけ、改めて謝辞を述べたアン・シネ。ファンからは「6月にまた会いましょう」「日本のファンも待ってます」「ファン対応が素晴らしくて、ツアーを盛り上げてくれて感謝」と感謝の言葉が次々と書き込まれていた。

 2週間、女子ゴルフ界で話題を振りまいた「セクシークイーン」。さわやかな風を残し、日本を去る。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/14(日) 10:55
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。