ここから本文です

自然に溶け込む太陽熱発電は、あまりにも美しい

5/14(日) 17:50配信

WIRED.jp

太陽の光ではなく、その熱を利用する「太陽熱発電」。ヴェンチャー企業・SolarReserveが開発を進めるソーラープロジェクトは、砂漠の真ん中でその自然に溶け込み、新たな美しい景観を生み出している。

【写真】あまりにも美しい景観

米西部ネヴァダ州上空で飛行機の窓から下を覗くと、クレセント・デューンズ・ソーラーエネルギープロジェクトが広大な風景のなかで輝きを放っているのに気づくだろう。地上にあるその太陽熱発電所のその大きな存在感には、ただただ目を奪われる。

1,670エーカー(約670万平方m)の砂漠を埋め尽くす10,347枚もの反射鏡(ヘリオスタットと呼ばれる)によって、この発電所は75,000世帯分の電力を生み出している。

発電所は、ラスヴェガスとリノの中間の砂漠地帯にあるトノパー郊外に位置している。各反射鏡は幅37フィート(約11m)高さ24フィート(約7m)の大きさで、中央にそびえるソーラータワーに熱エネルギーを集め、タワー内の蓄熱された溶解塩から蒸気を生成し、その蒸気でタービンを回転させて発電を行っている。

数年前、写真家ルーベン・ウーはニューヨーク発サンフランシスコ行きの飛行機に乗っていたときに、初めてその壮大に広がるソーラーパネルの光景を目の当たりにした。

「あまりに明るく輝いていて、まるで太陽のようでした」とウーはその時の様子を振り返る。

そして今年3月、ついに彼はこの場所を訪れた。その輝く光が最も素晴らしく、反射鏡が太陽と一体となって最もドラマチックな光景になる夕暮れと明け方を狙い、撮影を行った。

反射鏡はその大きい存在感とは裏腹にほとんど音もなく静かに動き、ソーラーパネル群をすり抜ける風の音だけが聞こえた。「その風の音が耳から離れないんです」とウーは話す。

太陽に向かって追随するソーラーパネルの一群を、彼はPhase One 100XFとキヤノン5Dでタイムラプス撮影した(ザック・マーコムによるBGM付きだ)。

彼は、撮影のために反射鏡の下にも潜り込んだ。その光景は「金属とガラスでできた森にいるようでした」と語る。このソーラーパネルの森は上空から見下すのも絶景かもしれないだが、地上から見るのがベストかもしれない。

CHARLEY LOCKE

最終更新:5/14(日) 17:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。