ここから本文です

これから相当強烈な逆襲の「小池砲」が飛んでくるか --- 早川 忠孝

5/14(日) 17:14配信

アゴラ

まあ、今回はしてやられましたね、というあたりで、軽く受け流しておくことですね

図星を指されても動じないところが小池さんのタフな由縁だろう。

鬼の首を取ったように喜んでおられる人があちこちにいるようだが、3日経てば、大方の皆さんは忘れていらっしゃると思っておかれた方がいい。

残るのは、早く決まってよかったですね、という安堵感ぐらいで、これで小池バッシングが拡がるなどと思っていたらいずれ勘違いに臍を噛むことになる。本当の戦いを目前にしている時は、あまり戦線を拡げたりあちらこちらで小競り合いを繰り返すようなことは止めておいた方がいい、というのが鉄則である。

まあ、官邸の人たちはそれなりに策を練ったようだから、今回の情報戦は如何にも一本取ったような高揚感があるだろうが、そんな高揚感はあっという間に吹き飛んでしまう。これから3週間の間に相当強烈な小池砲が飛んでくるかも知れないと、今の内に身構えておられることだ。

何も飛んでこなければ結構、飛んできても結構、ぐらいな柔軟なスタンスでこれからの戦いに備えられたらいいと思う。

小池さんの側は既に公認候補予定者を41人、推薦候補予定者を10人選定済みということだから、野田数という代表がかねてから公言していた60人程度の候補者を都民ファーストから擁立するという宣言はそのとおり実現されるようである。

候補者の数を揃えるというのは結構大変な作業で、これぞという人に声を掛けても、おいそれと、はい、わかりました、と言って立候補してくれる人はいない。選挙を知っている人はともかく、選挙を知らない人をその気にさせるのは大変だと思っていた方がいい。

この人はいいぞ、と思う人ほど尻込みするものである。
これから名前が上ってくる10人余りの人は、皆、それぞれにそれなりの可能性を秘めた人たちばかりだと思う。

まあ、選挙に通じた人から見れば未熟者、とか素人と言われてしまうのは止むを得ないが、それだけ伸びしろが大きい、発展の可能性がある、ということだと思っていたらいい。

アゴラの編集長が、こんなことを書いたらまた小池派の私が怒るだろう、などと書いておられる一文(http://agora-web.jp/archives/2026006.html)を拝見したが、私は、ただニヤニヤしているだけである。

確かに一本取られましたね、と認めはするが、致命傷ではない。

乞う、ご期待、というところだ。

1/2ページ

最終更新:5/14(日) 17:14
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム