ここから本文です

香川、1アシスト記録も勝利逃し反省。「勝たなきゃいけない試合だった」

5/14(日) 9:47配信

フットボールチャンネル

 現地時間13日にブンデスリーガ第33節が行われ、ボルシア・ドルトムントはアウェイでアウクスブルクと対戦して1-1のドローに終わった。ドルトムントの日本代表MF香川真司はこの試合で1アシストを記録している。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 アウクスブルクに先制を許した直後の32分、香川は相手のクリアボールを拾うとゴール正面からシュート。その軌道上にいたFWピエール=エメリク・オーバメヤンがコースを変えて同点ゴールを奪った。だがそれ以上の得点は生まれず勝ち点1の獲得に終わっている。

 香川はアシストになったプレーについて、「シュートだったですけどね。とりあえずは良かったです」と試合後にコメント。オーバメヤンが触っていなかったとすれば「入っていなかったと思います。相手もいたので」と振り返った。

「僕たちが勝たなきゃいけなかったゲームだったとは思います。相手は1点だけ、ワンチャンスだけだった」と香川は、勝利を逃したことに悔しさを見せている。「相手もみんなで守っていて、効果的な攻撃が90分を通してなかなかできなかった。決定的なもの(チャンス)は作れなかった」とチームの攻撃面に反省の言葉を述べつつ、相手の守備には賛辞を送った。

 トーマス・トゥヘル監督の去就問題が騒がしくなっていることについては、「別に影響はない。試合に影響が出ることはないと思います」と香川。3位争いの状況については「次に勝てば、(この試合も含め)1勝1分けでも僕らがいけると思うので。ネガティブなことはないと思います」と最終節での勝利を誓っている。

 ドルトムントはこのドローにより4位ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたが、得失点差で3位を維持している。ホームでブレーメンと対戦する最終節に勝てばこのまま3位を守り、来季チャンピオンズリーグにグループステージから出場できる可能性が高い。

(取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ