ここから本文です

マフレズが軸足滑らせ“PK二度蹴り”の珍プレー 同点機逃す失態にレスター公式「悲惨なほど不運」

5/14(日) 9:00配信

Football ZONE web

マンC相手に同点PKが決まったかに見えたがゴールは取り消しに

 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、13日の敵地マンチェスター・シティ戦で衝撃の“ボーンヘッド”を犯し、同点PKのチャンスをフイにした。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 後半31分、相手エリア内でDFクリシーからファウルを受けたマフレズはPKをゲット。自らキッカー役を務めたが、直後に悲劇が待っていた。

 ペナルティースポットに立った背番号26は、左足でシュートを打つために軸足を踏み込むとスリップ。なんとか左足でシュートを放ったものの、ボールは滑った右足もかすめて“二度蹴り”となり、奇妙な軌道を描きながらゴール左隅に吸い込まれた。

 だが、このゴールは取り消されてしまった。レスターの公式ツイッターはマフレズの悲劇をレポートした。

「77分、マフレズはPKを蹴る際にスリップ。成功したけれど、ゴールに入るまでに二度ボールに触れてしまったので、ノーゴール」

「レスターとマフレズにとって悲惨なほどの不運。滑った時にボールを軸足でも蹴ってしまった」

サポーターからは怒りの声が…

 “魔術師”マフレズの衝撃的な珍プレーで同点のチャンスを逃したことで、サポーターが公式ツイッターの返信欄で怒りを爆発。「スリマニとともに中国に送ってしまえ!」「降格に等しい」「ヴァーディが我々のスコアラーなんだから、彼がペナルティーを蹴るべき」「3部レベル」といったクレームが寄せられた。

 前半42分に日本代表FW岡崎慎司が追撃のボレー弾を叩き込んだものの、同点PKの絶好機に生まれたマフレズの珍プレーで、レスターは1-2で敗れてしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/14(日) 9:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新