ここから本文です

長友、前半のみで交代して伊メディアは低評価。「最も野次の対象になった」とも

5/14(日) 22:20配信

フットボールチャンネル

 インテルのDF長友佑都は現地時間14日、セリエA第36節でサッスオーロをホームに迎え、前半のみ出場した。1-2でチームは敗れており、イタリアメディアの同選手に対する評価は低めとなっている。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 ステファノ・ピオリ前監督を解任したインテルは、長友が5試合連続で先発。しかし、目立った活躍を見せずにいると、1点ビハインドで折り返したハーフタイムで退いている。

 各メディアとも失点につながるミスをしたDFムリージョに最低点を付けた。それに次ぐ低評価となっているのが長友らだ。

 『FCインテルニュース.it』は「5」と採点。「最もファンの野次の対象になった一人。意欲の高さは見せたが、結果はパッとしなかった」としている。

 『メディアセット』『カルチョメルカート.com』でも「5」の採点が付いており、いずれもムリージョに次ぐワースト2位タイの評価だった。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ