ここから本文です

【J1採点&寸評】横浜 1-0 甲府|決勝点の金井ほか、中澤、喜田の好パフォーマンスで横浜が連敗ストップ

5/14(日) 18:30配信

SOCCER DIGEST Web

横浜――中盤5人のうち、3人が不出来に終わる。

[J1リーグ第11節]横浜 1-0 甲府/5月14日/ニッパツ三ッ沢球技場
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6
金井が決めた虎の子の1点を守り切り、4試合ぶりの勝利。追加点を奪えない攻撃面でのパンチ力不足は否めなかったが、手堅いゲーム運びで相手に付け入る隙を与えず。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
65分には混戦から際どいシュートを放たれるも、慌てず阻止。正確なキックも光った。
 
DF
27 松原 健 6
リスクを冒さず右サイドの守備で奮闘。パスを出した後の崩しにひと工夫が欲しい。
 
22 中澤佑二 6.5
ブラジル人2トップをしっかり監視。先手を取る守備でピンチを未然に防いだ。
 
34 ミロシュ・デゲネク 6(71分OUT)
打点の高いヘッドで金井のゴールを引き出す。常に安定していたが、無念の負傷交代。
 
MAN OF THE MATCH
13 金井貢史 6.5
素早い反応でこぼれ球を押し込み、先制点をゲット。タイミングの良い攻撃参加も効いていた。
 
MF
5 喜田拓也 6.5
エネルギッシュに動き回り、中盤の守備力を高めた。51分には鋭い読みでウイルソンとの1対1を制した。
 
14 天野 純 5.5
前半は攻撃も守備もやや中途半端な印象。終了間際の右足で放った決定機は決めるべきだった。
 
20 マルティノス 6(87分OUT)
右サイドから多彩なアプローチ。20分の自ら持ち込んで放ったシュートはブロックされた。
 
33 ダビド・バブンスキー 5(68分OUT)
ミスが散見され、攻撃の起点になれなかった。周囲とのコンビネーションも課題を残す。
 
10 齋藤 学 5.5
フリーになる瞬間も、思うようにパスが届かず。43分の遠目からのシュートは枠を捉えなかった。
 

横浜――急きょ、ピッチに立った栗原だが、ハードな守備を披露。

FW
16 伊藤 翔 6
高い位置での守備、ポスト役、フリーランと多くのタスクをこなした90分間だった。
 
交代出場
MF
6 扇原貴宏 6(68分IN)
ボランチで出場。柔らかいパスを出し、プレスバックでも手を抜かず。攻守に奮闘した。
 
DF
4 栗原勇蔵 6(71分IN)
デゲネクの負傷を受け、急きょ出場。敵と激しくぶつかり合うも平然とプレーし、ゴールを守った。
 
MF
25 前田直輝 -(87分IN)
限られた出場時間のなか、アグレッシブにプレーに絡み、攻撃の勢いをキープした。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
リスク管理を徹底して連敗ストップ。デゲネクの負傷にも慌てず対処した。


 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

1/2ページ

最終更新:5/14(日) 22:54
SOCCER DIGEST Web