ここから本文です

【柏】キャプテンの大谷も称賛。「“アイツ”が流れを持ってきてくれた」

5/14(日) 19:01配信

SOCCER DIGEST Web

試合の流れを掴むきっかけを作ったのは…。

[J1・11節]FC東京1-2柏/5月14日/味スタ
 
 柏は攻守において見事な戦いぶりだった。とりわけ、手塚のミドルで先制してから後半のアディショナルタイムに失点するまでの間のパフォーマンスが目を見張った。下平監督が「FC東京の真ん中の骨格を打ち砕くことができた」と言う通り、小気味いいパスワークで主導権を握った柏は「勝点3」に値するゲームを披露したと言えるだろう。
 
 とはいえ、立ち上がりから一方的に押していたかといえばそうではない。むしろ決定機を作られていたのは柏のほうだった。15分に太田のFK、22分に東の近距離のシュートでゴールを襲われ、続く30分には前田に決定的なヘディングシュートを打ち込まれる。
 
 しかし、そこで柏は失点しなかった。
 
 キャプテンの大谷は言う。「アイツが流れを持ってきてくれた」と。
 
 大谷が勝利の立役者に挙げた「アイツ」とは、言うまでもなくGKの中村だ。太田のFK、東のシュート、前田のヘッドのいずれも完璧なセービングで防いでなければ、あるいはFC東京のワンサイドゲームになっていた可能性もある。その意味で、この守護神のビッグセーブは試合の流れを決定づける大きなファクターとなった。
 
 事実、中村が前田のヘッドを防いだ3分後、柏は手塚のミドルで先制する。中村の好守があったからこそ、このゴールで試合の流れを掴めたのだ。
 
 ただ、中村本人は至って冷静だ。リーグ戦で4試合連続完封を逃しても、「自分は記録を作るためにサッカーをやっているわけではない。チームの勝利が一番です。むしろ、ここで完封が途絶えたほうが良い部分もあります」。クールな守護神がゴールマウスに健在なかぎり、柏の快進撃は続くかもしれない。

【FC東京 1-2 柏 PHOTO】柏がリーグ戦5連勝、2位に浮上!

最終更新:5/14(日) 19:05
SOCCER DIGEST Web