ここから本文です

【磐田×川崎】殊勲の決勝点、阿部が激白。「スカウティングどおりだった」

5/14(日) 21:09配信

SOCCER DIGEST Web

中村憲剛→小林悠→阿部と崩し、カミンスキーの牙城を攻略する。

[J1 11節] ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ 2017年/5月14日/ヤマハ
 
 川崎の前線の選手が、変幻自在にポジションを入れ替える。明確なCFを置かない、ゼロトップ布陣。小林悠、阿部浩之、長谷川竜也がバランスよく距離を保ち、そこに中村憲剛や大島僚太のパスを絡めて、磐田ゴールに襲い掛かる。

【磐田 0-2 川崎PHOTO】阿部の2戦連発弾で川崎が今季初の連勝を飾る!


 
 51分、直前のプレーで決定的なシュートを撃っていた(カミンスキーのビッグセーブに阻まれる)小林が右サイドにシフト。その小林が中村憲剛とのワンツーで抜け出し、縦パスを放つ。
 
 オフサイドラインぎりぎりで抜け出した阿部はカミンスキーの動きをしっかり見極め、正確なショットをゴールに突き刺す。
 
「オフサイドだと思ったのでラッキーでした。GKのことを落ち着いて見ることもできた」
 
 阿部はそう謙遜するように言った。ただ磐田はオフサイドのラインがずれており、ラッキーでも誤審だったわけでもない。なにより、相手に渡っていた主導権を掴み、そのまま試合を進め、磐田守備陣を翻弄し、チャンスを作り出すなかで、決めるべき時に決めた。流れに乗ったなかで得点を奪えなかった磐田とは対照的だった。
 
 阿部は胸を張って言った。
 
「スカウティングでも、相手はけっこうラインを上げてくる、と聞いていました。少し遅れた感じもしたけれど、タメて良いパスを出してくれた」
 
 磐田の森下俊、大井健太郎、高橋祥平の3バックは前を向いた守備が強い。しかし、その向かってくる勢いを巧みに逆利用したとも言えるゴールだった。
 
「(序盤は押し込まれたが)相手を“走らせる”という考え方だった。ただ、もうちょっと前(前線に)にボールをつけても良かった。マイボールの時間を伸ばすことも課題。僕ももっとゴールに絡んで、もっとチームとしてチャンスを作っていきたい」
 
 そのように阿部はチームと個人の課題を挙げていた。これで2試合連続ゴール。さらにサイドに回った際の守備では、キーマンの中村俊輔に自由を与えなかった。
 
 流れの中で変わる役割を、しっかりまっとうしてゴールと勝利を掴み取った。今季G大阪から加入した俊英アタッカーが、川崎カラーに鮮やかに染まってきた。

取材・文:塚越始(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/14(日) 22:19
SOCCER DIGEST Web