ここから本文です

村上春樹が38年間コツコツと続けた、翻訳作品をめぐる冒険

5/14(日) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 村上春樹はハードワーカーである。2017年2月の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)以来4年ぶりとなる長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)を発表すると、3月にはこれまで手がけてきた翻訳について語る『村上春樹翻訳ほとんど全仕事』(中央公論新社)を、4月には作家の川上未映子との対談集『みみずくは黄昏に飛びたつ』(新潮社)と立て続けに出版、さらに5月には翻訳を担当したジョン・ニコルズの『卵を産めない郭公』(新潮社)も出た。

 村上のハードワーカーっぷりを際立たせているのが、圧倒的なまでの翻訳の仕事量だ。本人も『村上春樹翻訳ほとんど全仕事』のまえがきで、改めてその量に感慨を抱いている。

 それにしても、この本をつくるために、これまでに翻訳した英文テキスト(全部は残されていないけれど)と訳書を一ヵ所にまとめて積み上げてみて、そのあまりの数の多さに自分でもいささかたじろいでしまった。数えてみると、だいたい七十冊くらいはある。僕は本職が小説家なので、翻訳はいちおう副業ということになっているのだが、副業にしてはずいぶんな仕事量だ。へえ、こんなにたくさん仕事をしてきたんだ、と考え込んでしまった。
 そして本書に収録されている、翻訳家柴田元幸との対談「翻訳について語るときに僕たちの語ること」では、村上の「職業的小説家でいえば、僕くらいたくさん翻訳をやってる人はあまりいないですよね」という問いに対し、柴田は「日本では森鴎外だけですね」と答えている。

 この「~について語るときに~の語ること」という表現、村上が自身のことについて書いたエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』のタイトルとしても使った、レイモンド・カーヴァーの短編集『愛について語るときに我々の語ること(原題は“What We Talk About When We Talk About Love”)』が元ネタであることは言うまでもない(なお『走ること~』でタイトルとして使った際は、亡きカーヴァーの夫人にきちんと使用許可をもらっている。今回はどうだったのだろう?)。もちろん『愛について語るときに我々の語ること』(中央公論新社)の翻訳も村上が担当している。

1/2ページ