ここから本文です

2020年に「AI」で自動運転が実現?NVIDIAがトヨタとの提携を発表!

5/14(日) 11:33配信

clicccar

米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)のジェンスン・フアンCEOが5月10日、自動運転車の市場導入加速に向け、トヨタ自動車(以下トヨタ)との提携を発表しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



カリフォルニア州サンノゼで開催した「GPUテクノロジーカンファレンス」で明らかにしたもので、具体的にはトヨタが2020年を目処に市場導入を見込む、AIテクノロジーを使った自動運転システム用のハードウェアとソフトウェアを提供するそうです。



自動運転では、車両に搭載した多くのセンサー類から得た膨大なデータを迅速に処理し、周囲の状況を把握する必要があります。



NVIDIA によると、手の平サイズの「DRIVE PXプラットフォーム」を搭載することにより、カメラやLidar、レーダー、その他のセンサーで生成される大量のデータを30兆回/秒の速度で演算、自動運転における幅広い状況への対処が可能になるといいます。

AIが車両の周囲360度の環境を把握し、マップ上での自車位置を特定、危険を予測することも可能。



ジェンスン・フアンCEOは「人工知能とハイ パフォーマンス コンピューティングのブレークスルーを組み合わせることで、自動運転車の頭脳を構築しており、自律走行の未来がすぐそこまで来ていることを強く示しています」と説明しています。

トヨタとNVIDIAは既に高度なソフトウェアの開発に着手しているそうで、「AI」活用により、交通死亡事故が根絶される日も、そう遠くは無いかもしれません。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、NVIDIA)

最終更新:5/14(日) 11:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)