ここから本文です

林家正蔵、観客参加型イベントで嫁しゅうとめ問題に言及 “海老名家”は「毎日が戦みたい」

5/15(月) 16:39配信

エンタメOVO

 映画『家族はつらいよ2』の公開直前イベントが15日、東京都内で行われ、出演者の橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優と山田洋次監督が出席した。

 この日のイベントは、女性限定参加で、事前に募集した家族に関する悩みの数々に、劇中の平田家のメンバーが共感し、解決するという、“崩壊寸前”のファミリートークを繰り広げた。

 三世代で同居している家庭の妻の悩みとして、食べる物の好みの違いについて西村は「要は頼み方。食事を提供してくれる奥さまにどう頼むかだと思う。ちょっとした気遣いが大事」とアドバイスしたが、山田監督から「実践してらっしゃる?」と問われると、西村は「プライベートなことはまた別の話で…」とたじたじになった。

 この話題には正蔵が黙っていられず「うちは三世代(同居)に近いのですが、嫁と母と毎日が戦(いくさ)みたいな感じ。一応母に気を使ってカレイの煮付けとかも作るけど、母はそれには手を付けず、僕らと同じ豚のしょうが焼きの方を食べる。そうなると嫁の思いが潰れてしまって殺伐とした空気になります…」と自らの家庭を引き合いに出し、「ぜひ今度は『海老名家の食卓』を」と映像化を熱望した。

 さらに正蔵は客席に向けて「嫁しゅうとめの関係がうまくいっていない人がいたら手を挙げてほしい」と“逆質問”。そもそも同居している家庭が少ないことが分かり、「うちは当たり前だと思っているから…」と驚くも、山田監督から「そうじゃないねえ。この映画の平田家も珍しいんですよね」と突っ込まれ苦笑した。

 また、最後に感想を聞かれた蒼井は「正蔵さんがおうちで大変なんだなと。今日は女性の意見が聞けるはずだったんですけど、割と正蔵さんの印象が強かったです」と正蔵の独壇場となったことを笑った。

 山田監督は「作り手にしてみたら、面白いことがいっぱいあって話題の宝庫みたいな感じ。続編を作るとしたら、家事が全く評価されないだとか、そういう女性問題のあたりが大きな問題になってくるかもしれません」と語った。

 映画は5月27日から全国ロードショー。

最終更新:5/15(月) 16:39
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!