ここから本文です

高杉真宙「最初怖そうだなと思った(笑)」主演作が公開&上映延長決定!

5/15(月) 6:10配信

ザテレビジョン

5月14日より東京・下北沢トリウッドで公開中の、高杉真宙主演映画「想影」が同日、東京・下北沢トリウッドにて初日舞台あいさつを敢行。高杉の他、松原菜野花と加藤慶吾監督が登壇した。

【写真を見る】ヒロインの松原菜野花は「高杉(真宙)さんをどう好きになろう?と悩みました」と明かす

舞台あいさつの模様はTwitterライブを用いて生中継もされており、下北沢のみにとどまらず、全国的に「想影」公開を待ちわびていたファンがその様子を見守った。

ホスト役を務めた加藤監督は「ご覧いただきましてありがとうございました。やっと初上映できたことをうれしく思っております。去年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で1回先行上映してから、ようやくこうして上映に結びつけることができました」と感慨深い様子。

そして監督の紹介で入場した高杉は「皆さんこんにちは。栄大輔を演じました高杉真宙です。今日はよろしくお願いします」とあいさつし、松原は「皆さんこんにちは。中村由美役をやらせていただきました、松原菜野花です。よろしくお願いします」とこちらも元気よくあいさつした。

監督からの「最初にこの脚本を読んだ時、率直にどんな感想を持ちましたか?」という質問に、松原は「読ませていただいた時に、とにかく一言で言ったら純粋で、由美ちゃんがかわいいなぁって思いました。私自身は、『ザ・青春』みたいな恋をしたことがなかったのでキュンキュンしちゃいました」と明かす。

一方、高杉は「最初題名見た時に、怖そうだなって思ったんですよ(笑)。読んでいくうちに、純粋できれいな話だなと思って。青春時代のひとときって感じがして、何でもない日常に見えるけど誰もが思ったことがある感情なんじゃないかなと思って。いちずですてきな話だなと思いました」と笑顔を見せる。

これを受け、加藤監督は「自分を褒めてもらうための質問みたいでしたね(笑)。ありがとうございました」と照れ笑いを浮かべた。

そして、役作りについては「普通っていうのが一番難しくて。不良役とかだとイメージもしやすいですけど。でもまず、撮影の時私は20歳目前だったので中学生役いけるかな!?って思いました。でもみんなで遠足のシーンを撮影した時に、ドロケイとかして懐かしい気分になって、そこは意外と大丈夫でした。

あとはやっぱり誰かを好きになるっていう役をやったことがなかったので、しかも撮影期間も短かくて、高杉さんと一緒なのも2日間だけだったので、どう好きになろう?って悩みました」(松原)

「僕も中学生かぁってまずありましたね。大丈夫かなぁって思ったんですけど。ただ自分で言うのもあれなんですけど、見ていると違和感がないというか。しっかりと栄として演じられていたらいいなと思っていました。あとはさっき仰られていたように、栄は普通なんだけど変ていうところがあり、どうしたらその変が出てきてくれるのかなと思っていました。

栄って割と発言自体も変なところがあって。雰囲気とか、学校で果物をむいているとか、普通じゃないなって。そこに関しては最初は悩みましたが現場に入ったらすぐ解決はしました」(高杉)と、それぞれ振り返った。

そして観客からの質問コーナーに。まず「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で2回とカリコレでも想影を見て、音楽や世界観がすごく印象に残っています。何回か見ている中で、一番最後の由美ちゃんが栄くんに思いを伝えるところと、校舎裏で告白された後の階段のシーンが、どちらも実は思いが通じ合っていたんじゃないかと思っていて。

それでこれは片想いなんかじゃないというポスターのキャッチコピーを見て、すごい的を射ているなと思ったんですけども、階段のシーンではお2人はどういう気持ちだったのかを知りたいです」という質問が。

松原は「階段のシーンは現実なのか夢なのか分からないみたいな…。(高杉、監督に向かって)ですよね?…ということです!(笑)」と答えると、高杉は「早いですね(笑)。僕は、演じていた時はあの階段のシーンはまるで別で考えてましたね。

僕自身としては、栄自身が中村の気持ちには気付かないっていうのが必要なのかなーって思ってたんですけど。それで演じてました…なんかたどたどしくなってすみません(笑)。栄からでした」と、共に真摯(しんし)に答えた。

また、別の観客からは「私は今年の春に高校生になったんですが、お2人は高校生の役を演じることが多いと思うんですけど、卒業して何年かたってから高校生のうちにやりたかったなって思うことがあれば教えてください」という変化球の質問が。

これに、松原は「恋愛していれば良かったなって思います。制服でデートしてる子とか見ると、何であんなに時間があったのにしなかったのかなとは思いますね。今が一番楽しい時期だと思って生活したら、きっと何もかもが楽しいと思います」と答え、高杉は「学生ってすごいなと思うんですよね。制服ってその時しか着られないものだから。大事に毎日噛み締めてもらえたらなと思うので。何げない毎日が卒業してから青春だと気付くので、楽しんでください」と回答した。

質問コーナーも終了し、監督から「実は本作についてうれしいお知らせがあるので、高杉くんからお願いします」とのフリが。

高杉は「『想影』の上映が延びました!」と報告し、続けて加藤監督が「具体的には、もともと今週一週間だけの上映でしたが、今月28日の日曜までになりました。土日があと2回ありますので、平日は来るのがちょっと難しいという方もぜひ友達を連れて見に来てください」とアピールした。

また、舞台あいさつ終了後にはLINEライブで、高杉と監督による「想影」対談も行われた。アーカイブからも確認できるので、見逃した人はそこで確認しよう。

最終更新:5/15(月) 6:10
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)